アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

市民が作った総合計画

興味深い記事があった。
なぜ廃案?市民がつくった総合計画~平塚市
市民の意見を丁寧に聞きながら、約2年かけて策定し、昨年9月定例会に提案した平塚市総合計画基本構想案」は、市長選挙と市議会議員選挙があるため審議未了となり、事実上の廃案となった。
議員もメンバーに入っている総合計画の策定組織図や経緯を見ると、市民の熱意がよくわかる。
4月22日の選挙で選ばれた新しい市長と議員が、これをどう扱うのか見ものだ。
参考:平塚市総合計画

総合計画と行政評価をリンクさせて、そこに市民視点(市民評価)を加えるため
まちづくり指標(豊かさ指標)を作成したことがあった。
総合計画はそれぞれ専門性が必要なので、コンサルが作ることが多いし
その過程で市民参加もある(形だけかもしれないけど)。
大切なのは総合計画と行政評価をリンクすることだと思うし
私の街でもその方向に進んでいると聞いている(世の中の動きとしては自然の流れ)。

この指標を作った時、議員さんに説明に出かけたし
議員さんの集まりでも報告書の概要版を配布した。
議会で取り上げてくれた議員さんもいたけれど
はっきり言って、あんまり理解してはもらえなかったような気がする。
というか、理解しようとする意思・意欲がないように見えた。
私の市会議員不信は、この頃から強くなってしまったけど。
勉強してんのかな、票にならない意見は聞かないのか・・・・・と。


アメリカにいた時、政治家志望という日本人に会った。
彼は学位留学ではなく、講義を受けながら州議会に通って政治の勉強をしていた。
何度か会ったけど(向こうは私のことは記憶していないと思う)
「将来、僕は政治家になりたい!」と公言していた。
その後、若くして国会議員となり、前政権では副大臣まで登りつめた。
新聞にもよく載っていたし、将来はきっと大臣になる人だと思う。
「変なやつ」と当時は思っていたが、若い頃の夢を実現させた点だけは素直に尊敬している。


県議の選挙運動がにぎやかだ。
消去法でいくと何人かが残るけど・・・よく知らない、わからない・・・・。
バッタリと、車がはちあわせして手を振られると・・・・私、困ってしまう。

                    バルーン・アート
                     大道芸人をめざして
f0077807_1744328.jpg

[PR]
by roman-tan | 2007-04-03 17:23 | NPO法人