アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

選挙いろいろ

近くの公民館の投票開場、にぎわっていたので
今回の選挙は投票率が高いのではないかと感じたが、実際は前回より今のところ低いようだ。
投票速報が市のHPから見れるし、開票の様子もライブ(21時30分頃から)で見れる。
投票率は低いし、激戦といわれつつ今回も盛り上がりに欠けるような・・・

このところ、何の用事がなくとも期日前に市役所で投票をしていた。
公民館での投票(私の行く時間がわるかったのか)は、がらんとしていて誰もいなくて
何人かの関係者(おじさんばかり)の視線を浴びながらの投票が、とても嫌だった。
監視の目に耐えるより、市役所の方が事務的でいい。
今回は期日前投票できずの投票日だったが、心配無用で、よかった。
こんな理由での期日前投票、どうやら私だけではなさそうだけど・・・

f0077807_1461637.jpg

ネパールの選挙(選挙権なかったけど)は
文盲率が高いので、投票は候補者のマークで行われた。
選挙運動中も色んな候補者のマークが街中に掲げられて、楽しい。
演説があちこちであって(ネパール人は演説好き)、名前だけの連呼はなかった。
ネパール帰化の元日本人、国政に挑戦へ
ネパールで6月に予定されている制憲議会選挙に、長野県出身でネパールの国籍を取得した宮原巍(たかし)さん(73)が新党「ネパール国家開発党」を結成して立候補する。
宮原さんはネパールで、ホテルをいくつか経営されている。
カトマンズのホテルが建設中の時、建設現場でその苦労話を伺ったことがある。
山男らしく、何でもご自分でやってしまう(重機なども扱っていた)。
本当にホテルができるのかなという状態の中で
目の前に立ちはだかる困難を、とても楽しそうに話してくださった。
とうとうネパール人になって、立候補するという。
政治の腐敗、リーダー不足が貧困問題から抜け出せない理由の一つでもある。
新しい風が吹くだろうか。

f0077807_1494818.jpg

            マーガレット、タンポポが咲き誇っている。
           以前、タンポポの根でタンポポコーヒーを作ったことがあった。
           色は確かにコーヒーだったけど、味は・・・・
           あれから、二度と作っていない。

[PR]
by roman-tan | 2007-04-08 14:18 | 発見