アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

選挙

市議選が終わり、やっと静かな街が戻ってきた。
あのヒステリックな名前の連呼・・・もう少しどうにかならないものだろうか。
「あれは逆効果、勘違いだよ」と、知らせてあげたくなるけど
昔ながらのやり方を信じきっている人たち、その数が少なくないこともわかった。
世代交代にはもう少し時間がかかるだろうか・・・

f0077807_2055972.jpg

応援していた数人(思っていたに過ぎないけど・・・)
そして友人も当選した。
皆さま、なりたかった市議でしょ・・
職務をちゃんと全うしてね。


生まれて初めて身近に選挙を感じる機会があった。
「あら、不思議!」
「はあ?何それ?」と思うことも多かった。



① 前にも書いたけど、政策を公開する場を設けてほしい。
   HPやブログを持ってない候補者も多いし、選挙期間中は更新もできない。
② 「公職選挙法」は年々変わるらしいけど、まとめて選挙管理委員会HPで示してほしい。
   「これはやっちゃあいけないよ」の事例集のようなもの。
   メールや電話で問い合わせをしたこともあるが、一度で回答が返って来たことがない。
   担当者さえ、誰かに聞かないとわからないらしい。
   もっと分からない市民に対し、何らかの情報提供をしてほしい。
   (明確にしている自治体もある)
③  不思議だったのは、「○○町内推薦」
   市規模で、町内推薦の威力は大きいのだろうか(ドブ板ってことか)。
   町内推薦だからって、投票するのかな。
   町内会長の権力がここでも登場、個人的にこういうのしっくりこない。
   選挙って、民主主義じゃあなかった?
④  忙しい子育て世代が、利害関係のない選挙活動をしていた。
    短い時間をやりくりして、都合をつけていた。
   活気あるこの人たちの志は、どうしてNPOに向かないのだろうかと思った。
        「そうか、人は建物には集まらない。人に集まる」
 

用事で、終盤である土曜日から日曜日にかけては市外にいた。
最後はすごかったらしい、絶叫マシーン!
[PR]
by roman-tan | 2007-04-23 20:33 | 発見