アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

Inside Tokyo's hostess clubs(ホステス・クラブ)

BBC NEWSに、日本に関する記事が続けざまに・・・・
Man cleared over death of Lucie (24 April 2007, 11:09 )
織原被告に無期懲役判決、ルーシーさん事件は無罪(読売新聞)
2000年におきた、日本人男性によるイギリス人女性Lucie Blackman 殺害事件、起訴された10件の事件のうち9件については有罪と認め、織原被告に求刑通り無期懲役を言い渡した。しかし、ルーシーさんの事件については、「事件についての直接的な証拠は一切ない」と述べ、無罪
疑わしきは罰せず、ということだろうか。

ルーシーさんが働いていたホステス・クラブ
”Strange World”というタイトルがついている。
「変な」「おかしな」「奇妙な」「風変わりな」・・・
イギリス人にとってはどれも当てはまるホステス・クラブ
Inside Tokyo's hostess clubs(24 April 2007, 4:28)
私は行ったことないけど、日本人ならだれでも想像できる場所だ。
悪いわけでも、この仕事と殺人が直接結びついたわけでもないけれど
イギリス人には奇妙な光景なんだろう。
f0077807_21285618.jpg

バンコクから日本へ帰る飛行機の席が取れずに、一人で時間がいっぱいあった。
まだ朝の9時、朝食を摂っていたらフツーのおばさんが話しかけてきた。
「面白いお店に連れて行ってあげる」と。
朝だから健康的なところだろうと思って追いて行った。
お店に座ると、私も周りに女の子が数人座った。
男の人になった気分で、少女みたいなみんなにコーラをご馳走した(朝なので)。
次に、少女たちのショーが始まった。
みんな裸だったけど、ちっとも素敵ではなかった。
どうやらそこは、日本人男性観光客目当てのお店だったようだ。
朝っぱらから、お客は私ひとりだった。
こんな言葉のわからない女の子に囲まれて、男の人は楽しいのだろうかと考えたが
あまりにもつまらなくて、どうでもよくなって早々と店を出た。
でもなぜ、あのおばさんは私に声をかけてきたんだろう。


それから、映画「戦場にかける橋」の舞台となったクワイ河へ行った。
戦争の傷跡だらけで、こちらは心にグサッときた。

今考えるとちょっと(かなり?)恐いことも多かったけれど、若さゆえの経験だ。
いつのことだったか、はっきり思い出せないけど・・・
自分の身を守る術は、危険な思いをしないと身につかない。
[PR]
by roman-tan | 2007-04-24 21:25 | 発見