アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

仏教壁画の発見

ヒマラヤ山中に仏教壁画 ネパール、国際チーム発見(東京新聞 2007年5月4日)
【ニューデリー3日共同】ネパール北部ムスタン地区にあるヒマラヤの山中で、米国、イタリア、ネパールの国際調査チームが洞窟12カ所を探索、13世紀ごろのものとみられる仏教壁画を発見した。ロイター通信などが3日報じた。壁画は縦長の洞窟に沿って描かれ、中にはチベット仏教の影響を受けているものもあった。仏塔のほか、ブッダを描いた壁画などが多数確認された。急峻な地形のため略奪を受けていないとみられ、さらに貴重な発見がある可能性があるという。同日付のインド紙タイムズ・オブ・インディアは、ブッダの生涯を描いた55の壁画が含まれるほか、ムスタンにはないインドの動植物も描かれており、世界遺産アジャンタの仏教壁画をほうふつとさせるとしている。
日本の新聞では殆んど扱っていないけれど、すごいことに違いないはずだ。
f0077807_16103390.jpg

オリジナル記事は、"The TImes of India"
'We found the cave by a miracle'
シカやヒョウ、トラなどムスタン地方には生息しない動物や
高僧に供物を捧げる男性や女性など、様々な人物が描かれているそうだ。
Buddhist art cave discovered

ムスタン(Mustang)から連れてきたチベット犬を、カトマンズで飼っていた。
とてもいい犬で、庭にいたコブラをやっつけてくれたこともあった。
ムスタンへの入り口、カグベニ(Kagbeni)までは行ったことがある。
この先、外国人は入ることができなかった。

ネパールは貧しいので、国の重要文化財が国外に流れてしまう悲しい現実がある。
仏像の密輸話はよく聞いた。
大切に保護してほしいなあと思う。

その他参考:Ancient Buddha cave murals found behind wall of snow
   (TIMES ON LINE UK、May 5, 2007)
[PR]
by roman-tan | 2007-05-05 16:43 | Nepal