アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

フェアトレードでお買い物

久しぶりに友人のお店
珍しい品々は見ているだけで楽しくなる。
行ったことのない国のものは,余計におもしろい。

f0077807_18323539.jpg

東ティモールのイアリング






↓低農薬コットンのTシャツはジンバブエ

f0077807_1845168.jpgf0077807_18383070.jpg







     ヒンズー教の神様、ガネーシュ(象の顔)は→
     学業の神様でもあり、商売繁盛の神様
       
f0077807_18483026.jpg

フィリピンの、涼しげな風の音を奏でるもの(きっと暑い国だからこそできたのだろう)
他にも、ネパールやベトナムのチュニック(洋服)など・・・
どれもが手作りなので、ひとつひとつがちょっとずつ異なる。
本当はまだまだほしい物があったけれど、次回へ。


お店のある商店街は、今でも現役だ。
もちろん閉まっているお店はあるけれど
八百屋、肉屋,魚屋、米屋、パン屋、床屋、果物屋、金物屋、そして銭湯がある。
市場の中からは、呼び込みの威勢の声が聞こえてくる。
買い物客も行き交い、生活の中の商店街という印象だ。
それでも、閉めていく店は少しずつある。
私とは直接関わりのある商店街ではないけれど、残ってほしい・・・
[PR]
by roman-tan | 2007-06-02 19:04 | Nepal