アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

クマリ(kumari)

ネパールの“生き神”少女、訪米で神様失格に | Excite エキサイト
f0077807_20374091.jpg

      写真:カトマンズのクマリ、出典:NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
[カトマンドゥ 3日 ロイター] ネパールで、「クマリ」と呼ばれる生き神様として崇拝されている10歳の少女が、伝統を無視して米国を訪問し、「神」の地位を失った。サジャニ・シャクヤは2歳のとき、首都カトマンドゥ近くの古い町バクタプールでクマリに“就任”した。宗教文化が生活に深く根付いているネパールにおいて、彼女はヒンズー教徒にも仏教徒にも崇拝されていた。しかし、彼女は最近、ネパールの伝統と現代の政治的混乱に迫ったイギリス制作のドキュメンタリーを宣伝するために米国を訪れ、地元の宗教指導者たちを激怒させた。 人口150万人のカトマンドゥ渓谷には数人のクマリがおり、バクタプール・クマリはそのひとりである。なかでも最も重要なクマリは、カトマンドゥのダルバール広場にある15世紀の寺院に住んでいる。クマリは仏教徒のサキャ氏族の家から厳しい審査によって選ばれる。彼女たちは初潮を迎えるまで寺院に住み、神に仕える。その後、彼女たちはふたたび家族のもとに戻り、普通の生活を送る
カトマンズ近くのバクタプールは
古い町並みがそのまま残る静かな街で、とても好きな場所だった。
彼女一人で何も決めることができるわけがないのだから
側近、つまり街の宗教儀式に関する主だった人たちの決定で海外に出かけたはずだ。

クマリ神がカトマンズ渓谷にとってどれだけ重要なものなのか
そこで生活する外国人にも、切々と伝わってきた。
祈り、祭りは、ネパール人の生活そのものだった。

祭りごとに関る慣わしや伝統も、もしかしたら因習的な文化・生活習慣すらも
現代社会の中ではナンセンスといえばそれまでで
その継承は、それを護り受け継ぐ人たちに、全ては委ねられる。
これはネパールに限らず、どの文化圏でも同じことがいえる。

部外者が、「ああだこうだ」と口出すべきではないけれど
ネパールの何か大切なものが、また一つ壊れていくように感じる。
[PR]
by roman-tan | 2007-07-04 21:00 | Nepal