アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

国際協力

「学生だって出来る国際協力ムーブメント」に出かけた。

県内大学主催で、いくつかの東京私大の国際協力系のNGOやサークルが
主に、アジアでの活動についてのブースを設けていた。

f0077807_18353214.jpg


真面目そうで生き生きとした若者たちは、とてもすがすがしかった。
ただ、私も途上国はずっとテーマだったので、ちょっとうるさい。
言いたかったけど、言えなかったこと。
国際協力という奢りは捨てて。
今のところは、国際交流という謙虚な気持ちでいてほしい。
あなたたちはまだ、途上国から学ぶ事の方がずっと多いはず
国際協力をするのなら、自分しか出来ない専門性を身につけよう。
その知識や技術をきちんと伝達して、彼らの自立に役立った時
初めて国際協力といえるのよ。
安易に物やお金を与えるのは、人をだめにするから気をつけてね。
それぞれが文化・生活習慣・法律があり、それらを十分尊重してね。
純粋な心をいつまでも大切にしてね。
これらのことは、日本社会の中でも言えることだと思う。
郷土を守るというとき軍事だけ考えるのが日本人です。先進各国で安全保障と言えば、軍事だけでなく、エネルギー・食料・技術・文化を考えます。再生可能エネルギーも農業振興も、ヨーロッパでは安全保障政策の一部です。MIYADAI.com Blog より引用

うまく、まとまらなかった!
[PR]
by roman-tan | 2007-07-07 18:51 | NPO法人