アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

水陸両用バスの事故

先日、社会実験開始の水陸両用バスが事故をおこした。

川治ダム湖の水陸両用バス、電気系トラブルで停止 乗客37人けがなし /栃木
                               毎日新聞 7月10日
9日午前11時25分ごろ、日光市の川治ダム湖を航行中の水陸両用バスが、突然、水上で停止するトラブルがあった。バスは岸までえい航され、自力で上陸。乗客はほぼ満員の37人でけがはいなかったが、午後の2便を運休した。旅行会社などによると、ヒューズが外れたことによる、電気系統の故障が原因という。10日から運行を再開する。
同バスは、7日に営業運転を始めたばかり。バスを運行する晃麓観光(同市鬼怒川温泉大原、大島好夫社長)や国土交通省関東地方整備局によると、停止したバスは午前10時半、道の駅湯西川発の第1便。川治ダムを見学後にダム湖に入って間もなく、ほぼ中央部でエンジンが止まった。ダム管理支所と無線で連絡、国交省のボートにえい航されて岸に戻り、定刻約20分遅れで道の駅に到着した。点検すると、船舶用電気系統のヒューズが何らかの理由で外れていた。大島社長は「お客様にご迷惑を掛けて申し訳ない。運行に問題はないので、10日から運行を再開したい」と話している。
実験に失敗はつきものだけど
梅雨時で水かさも増しているし、大雨の心配もあるし
安全性だけは充分確保してほしい。

新しい乗り物だけに、気にかかる。
[PR]
by roman-tan | 2007-07-11 20:42 | DMV