アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

柏崎刈羽原子力発電所6号機の放射性物質の漏えい

経産相が地震対応で東電社長に厳重注意 [ 7月17日]
新潟県中越沖地震での東京電力の対応に問題があったとして、甘利明経産相は2007年7月17日未明、東京電力の勝俣恒久社長に対し厳重注意し、耐震性の確認や消防態勢の点検と報告を指示した。7月16日に起きたこの地震で、東電柏崎刈羽原発3号機の変圧器から出火し、消火まで約2時間かかった。また同原発から放射性物質を含んだ水が海に漏れたが、東京電力は昼過ぎに水漏れを発見したものの、国への報告は午後7時前だった。
これに対し、東京電力
柏崎刈羽原子力発電所6号機の放射性物質の漏えいについて
                             平成19年7月16日
                             東京電力株式会社
 定期検査中の柏崎刈羽原子力発電所6号機原子炉建屋3階および中3階の非管理区域内において、本日午後0時50分頃、水漏れを確認し、放射能が含まれていることを午後6時20分に確認いたしました。漏れた水の量は、約0.6リットル(3階、放射能量は約2.8×102ベクレル)、約0.9リットル(中3階、放射能量は約1.6×104ベクレル)でした。
 その後、この漏えい水が放水口を経由して海に放出されていることを確認しました。放出された水の量は約1.2m3で、放射能量は約6×104ベクレルと推定しております。
 なお、放出は現在止まっており、6号機の海水モニタの値に有意な変化はなく、法令で定める値以下であり、環境への影響はありません。
こう何度も北陸が地震被害にあうとなると
原子力発電所は、地層的に一番危険な場所にあるのではないかと思えてくる。
北朝鮮からのミサイルは大丈夫だろうかと、余計なことまで心配になる。

現在は地震被害の把握に奔走して
放射能漏れに対する反応は低いような気がするけれど、恐ろしい話だ。
最初は外部への放射能の影響はないと報告し
ホントは少し漏れていたけど、海に流れてしまったからわからない、と。
政府に叱られて、17日午後5時にプラント状況の詳細を公表した。

先日も、経済産業省から原子力発電所に係る原子炉施設保安規定の変更命令を受け
柏崎刈羽原子力発電所も原子炉施設保安規定の変更認可申請をしたばかりだった。
発電設備に係るデータ改ざんや必要な手続きの不備など、話題によくのぼる。
今回も地震直後に火災があった時の「放射能漏れはない」
きっと隠しているだろうなと思っていた。
それほど信頼がないということも情けない、天下の東電。

f0077807_19284810.jpg


                            
[PR]
by roman-tan | 2007-07-17 19:28 | 発見