アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

DMVと観光

この街のDMV構想は
「その後いかがお過ごしですか?」というくらい音沙汰ない。

7月20日(金)、宮崎県の東国原知事
現在JR北海道の試験営業DMV
釧網線(浜小清水駅~藻琴駅間
)を試乗する予定らしい。
知事選のマニフェストでもDMVについて触れていた。
観光目的としてのDMV導入は、むしろわかりやすい。
ただ、この人が試乗することでDMVの話題性が高くなり
肯定的な風潮が強くなりすぎるのも心配だ。
あくまで試験営業中なんだから、冷静な結果を知りたい。

また、平成20年3月ごろ南阿蘇鉄道でDMVの実証実験も予定されている。
南阿蘇鉄道の風光明媚な高森線高千穂線は、接続される予定だったそうだ。
災害により分断され廃線となってしまった。
30年早くDMVが実現していれば
高千穂-高森の両線は接続され、廃線されることもなかったそうだ。

廃線鉄道路線-観光-DMVの3つのキーワードはしっくりつながる。
さて、公共交通として導入予定のDMVはどうなってるのだろうか。
もう少し情報提供してくれるといいのになあ~

* 参考:『ウィキペディア(Wikipedia)』より
南阿蘇鉄道高森線
豊肥本線の前身である宮地線の支線として開業した。改正鉄道敷設法で「熊本県高森ヨリ宮崎県三田井ヲ経テ延岡ニ至ル鉄道」として定められ、高森駅から三田井(高千穂)を経て延岡までの延伸が計画されていたが、宮崎県側の高千穂~延岡間が高千穂線(現在の高千穂鉄道高千穂線)として開業したのにとどまり、高森~高千穂間の建設はトンネル掘削中の異常出水事故により中断、1980年凍結された。完成していた一部のトンネルや高架橋は1998年までに解体された。全て線内折り返し運転でワンマン運転を実施している。1986年夏からトロッコ列車「ゆうすげ号」が運行されている。
高千穂鉄道高千穂線
旧国鉄特定地方交通線であった高千穂線を転換して開業した路線。五ヶ瀬川に沿って宮崎県北部の工業都市延岡市と神話の里高千穂町を結ぶ。深角~天岩戸間の高千穂橋梁(全長353m)は日本一高い鉄道橋としても有名で、水面からの高さは105mある。
しかし、2005年9月6日の台風14号による増水で第一五ヶ瀬川橋梁、第二五ヶ瀬川橋梁が流失するなど全線にわたって甚大な被害を受け、運行休止となった。将来的には延岡までの再開を目指している。

f0077807_16453920.jpg

               久しぶりに咲いてくれたスイレン
[PR]
by roman-tan | 2007-07-19 16:49 | DMV