アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

蜘蛛の巣

こう暑いと、ものを考えるのが億劫になる。
北国の人のほうが思考型になるのは、環境要因が大きいのだろう。
南国では、難しいことを考えずとも作物はすくすく育ち、雨も適当に降る。
食べていくだけなら困らない。


f0077807_19155049.jpg
f0077807_196057.jpg

蜘蛛ってこんなにいたかな、と思うくらい蜘蛛の巣がよく張っている。
でもよく見ると、蜘蛛の巣はとても精巧にできていて、感心する。
美しい!』
蜘蛛の定位置は、巣の真ん中らしく
獲物が蜘蛛の巣にかかると、採りに出かけまた中心に戻ってくる。
すばやい!』
蜘蛛の巣を払っても払っても、すぐにできることからもわかる。
蜘蛛が、歌や映画や本の題材になることが多いのは
ちょっと魅力的だから?


蜘蛛の巣の標本の作り方は
用意する物
黒い画用紙1枚、かたくり粉、スプレーのり
方法
①蜘蛛の巣の裏表からスプレーのりを吹きかける。
②黒画用紙を押し当てて、蜘蛛の巣をとる。
③蜘蛛の巣の張り付いている面にかたくり粉をまぶし、裏から指ではじいて余計な粉をはたく。
意外と簡単じゃん!
作ってみようかな。
[PR]
by roman-tan | 2007-08-09 19:28 | 庭の植物