アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

長勢 甚遠(ながせ じんえん)法務大臣

今朝の朝日新聞トップにあった「長勢法相支援で300万円 関連NPO法人に」という記事
なぜネット上にはないのかなあと探していたら、こんなのがあった。
朝日紙報道は「大変心外」=長勢法相 8月25日13時1分配信 時事通信
長勢甚遠法相は25日、自身が名誉塾頭を務める特定非営利活動法人(NPO法人)が、法相に監督権限がある外国人研修生受け入れ団体の関係会社から300万円の会費を受け取っていたとする同日付の朝日新聞の報道について、「あたかも私個人に対する資金提供であるかのごとき印象を植え付けかねない。大変心外」などとするコメントを発表した。
トップ記事はかなり紙面を割いたものだ。
現職法相が関係するNPO法人が
監督対象である団体の関係会社から、会費を受け取っていた。
NPO法人を隠れ蓑にした資金供与?
自らが作り上げた制度をもとに活動している団体側から、資金が流れ込んでいるという。
財団、個人、NPO法人、関係企業がらみで長勢法相の政治資金へ、ということらしい。

こんな風に書かれるのは、この事実も関係が深いような気がする。
なんで、死刑が急に増えたのか。
大臣によって、そんなに自由にできるのか。
3人に死刑執行…長勢法相就任約1年で10人 読売新聞 8月23日
長勢法相が昨年9月に就任後、3度にわたり計10人の死刑が執行された。後藤田正晴元法相が3年4か月ぶりに死刑執行を再開した1993年以降、歴代法相の中で死刑執行命令書にサインした数は最多となった。
正直、どんな方かよく知らなかった(あまり清潔感がないみたいだけど・・・)。
①外国人労働者の日本への受け入れを積極的に提言
②少年法厳罰化を推進
③選挙運動収支報告書虚偽記載
④特定非営利活動法人の役職について不届出
金銭醜聞の閣僚として登場
この法相には興味がないので、どうでもいいけど
また、NPO法人の評判が悪くなりそうで「隠れ蓑になったとして」、気になる事件だ。

政治家は、なるべくNPO法人に近寄らないでもらいたい。
NPO法人化するには、政治家にお願いすると早いとか
補助金ももらいやすいとかよく耳にする。
NPO法人の関係者に名を連ねたり(役員は避けて、アドバイザーとか・・・)
お互いの利害が合致した場合はいいのかもしれないけど・・・・
[PR]
by roman-tan | 2007-08-25 13:46 | NPO法人