アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

中間支援センター

中間支援組織を『Wikipedia』で調べてみると
中間支援組織は当初、NPOへの支援を主とした事例が圧倒的であったことから、NPOの支援機関としての意味合いが強かった。し、最近では直接的に住民や地域に対する支援を行う事例も登場しており、必ずしもNPOへの支援機関という形態に限られないものとなりつつある。
私の定義は抽象的だけれど、中間支援センターというのは
人にモティベーションを与えられる場』であると思っている。
モティベーションが何によって得れるかは、当然個人差がある。
情報、知識、活動の場、仲間、イベント、etc・・・・・・
何らかのモノ(出来事に)がきっかけとなって
モティベーションが高まり、アクションを起こすことって意外とある。
そんな人が増加していくことで、あたりは活気づく。
街も活性化して、お金も動き始める・・・・・・といいけれど。
「モティベーション:やる気」というエネルギー源の起爆剤に、センターはなれればいい。
心の中で、モティベーションがくすぶっている人・団体
誰かに背中を、あと押ししてほしい時
不安を見守ってほしい時
問題や経験を共有して安心感を得たい時に

モティベーションを高めるための、センターの具体的な事業としては
施設利用、交流、人材育成、相談事業、etc・・・・等が考えられる。
利用者のニーズを充分把握して提供することが、中間支援センターの役目といえる。

多くの中間支援センターは、自治体かNPO等が指定管理者として運営している。
(企業経営の中間支援センターは聞いたことがないけれど・・・)
特に自治体の場合は、担当者の「資質」によってセンターの「質」も左右される。
指定管理者による場合も、やはり大切なのは「人」であるが
指定管理者本体の運営方針や組織体系も大きく影響してくる。
NPO法人として、市民活動を支援できるだけの度量が必要になる。
それは、人材、マネジメント、ネットワーク、最低限の経済力
(運営・管理費の補助がなく、人材確保ができず開店休業の施設も近辺にいくつかある)

意気込みだけでは、独りよがりに終わる。
経験も知識もなければ、人の役には経てない。
地域によって、事情も異なる。
マニュアルがあるわけではなく、取り組み姿勢が重要だ。
地域の特性とニーズを充分把握して、それに見合ったものを提供すること
中間支援センターの役目は、そんなところにあるように思う。

f0077807_14142483.jpg

                         トウガラシの花
[PR]
by roman-tan | 2007-08-31 14:30 | 指定管理者制度