アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

ひとめぼれ

一目ぼれに必要なのは0.5秒=米研究 | Excite エキサイト
[ニューヨーク 18日 ロイター] 他人を魅力的に感じたり、仲良くなる可能性があると判断するにはわずか0.5秒しかかからないという新たな研究結果が発表された。
米フロリダ州立大学の心理学者ジョン・マナー氏の研究チームは、専門誌「Journal of Personality and Social Psychology」で、人々は興味をそそられる顔を見ると0.5秒以内に注意を集中し、仲間かライバかを判断する傾向があると指摘した。研究では、大学生を対象に、非常に魅力的な人と平均的な人の写真を1秒間見た後、視線をほかの物に移すよう求めた。被験者の反応のタイミングを計ったところ、人々がある人物を魅力的かどうか判断するのには0.5秒しかかからないことが分かったという。
最近私も、人の判断というのは、初対面のほんの短い時間でなされるものだと感じていた。
もちろん、つきあって味が出て良さを発見することもあるし
だんだん嫌になっていくこともある。
けれども
「この人は・・・きっと頑張れる」とか
「この人は・・・きっと、何かをするだろう」とか
そんな判断は、とても短期間になされる。

その人に何らかの魅力を感じた結果、私の中で好印象となる。
自分との相性の良し悪しもあるのかもしれないけれど
老若男女問わず、反応する部位は同じだと感じる。
初対面の方とお話をする機会も多いが、やっぱりあてはまる。


今日初めてお会いした方々も
素直で強い心を持った「大人」だった。
「きっと、思いをやり遂げるだろう」と直感したし
必要とされるなら、最後までお手伝いをしたいと思った。


f0077807_2135082.jpg

            スズムシたちは、大きな棲家に引越しをした。
[PR]
by roman-tan | 2007-09-19 21:08 | NPO法人