アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

市長へ聞いてみたいこと

市民活動センターの指定管理者について
市長に聞いてみたいことがいくつかある。

現在の指定管理者であるNPO法人が生まれたのも、市長の公約からだった。
NPO法人である必要はなかったけれども、団体として存在する必要はあった。
最初から関った中で、フツーの市民は私を含めて2,3人だったような気がする。
行政と何のしがらみもない、という意味で。
懇話会の頃から、帰りがけに
「シナリオがあるみたいですね」と言葉を交わすのは、フツーの市民だった。
でも、いいシナリオだと思ったから、その役を果たすことにした。

しかし、いったい、いつまでこのシナリオは続くのかと思い出した。
指定管理者になることも、そのあとの色々なことも
みんな誰かが書いたシナリオ通りのようで、それに納得できずに私は降りた。
もうどうでもいいかと思っていたけれども
私なりに真面目に考えた意見を述べているつもりが
単なる感情的反応で、不愉快なこともあったので
「ここらできちんとした説明をしてあげてください」という願いをこめて・・・

市民活動支援センターについて
指定管理者制度そのものへの疑問、市の考え、指定管理者への疑問など
そのシナリオの行く先を、シナリオライターに確かめてみたいと思った。
そこで市長にお聞きすることにした。


担当課ではなく、市長のお考えをお聞かせください。
1 仕様書通りの業務が遂行されているのでしょうか?
  またその業務評価はどのように行っていますか?
2 無駄な箱物ではないかという、市民の声をよく耳にします。
  それらの声に対する指定管理者の対応にも謙虚さが足りないと思います。
  「公の施設」・「指定管理者」は、ただの委託事業とは異なります。
  その点について、どうお考えでしょうか。
3 どこの自治体の指定管理者制度にも、多くの問題があります。
  特に予算が上げられますが、それ以外の改善すべき点を含めて、
  市はどのような対応(改善策)をお考えでしょうか。



ご回答はブログ上でも公開したいので、文書でとお願いした。
お返事はいただけるそうだけど
お忙しいと思うので、気長に待ちたいと思う。

先の見えない今の状態では、やっている人たちも辛いでしょう。
[PR]
by roman-tan | 2007-09-25 20:12 | 指定管理者制度