アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

トウガラシ


なるほど、トウガラシというのはこんな風に実をつけるんだ。

インド人やネパール人は、トウガラシの辛さには平気なのに
トウガラシをボリボリ食べながら、カレーを食べている人もいるくらい平気なのに
日本のわさびには弱い。f0077807_19134836.jpg
あの、鼻につんとくる辛さが苦手らしい。

トウガラシを使った食品にアチャールというのがあって
インド、ネパールのカレーには欠かせない。
家庭でそれぞれ独自のアチャールがある。
年数をかけたものもあるし、簡単アチャールもあったりする。
ものすごく辛かったり、ちょっと甘酸っぱかったり
それぞれにとてもおいしく、カレーの味を引き立てる。
最初はいつも舐めるだけにして、食べれそうかどうか試すことにしている。
ちょっと、生っぽい場合は止めとく(さもないとお腹をこわすから)。

インド人シェフのブログなんてもの、見っけ。
ネパールカレーとインドカレー
どちらも好きだけど、インドカレーの方がバラエティーに富んでいる。

最近またやってみたいことは、デバナガリ文字のソフトを入れてまた使ってみたい。
XPで使えるらしい(98でも使ってたけど)

トウガラシをみて感心していたら
どうでもいいことばかり頭に浮かんできた。
でも、なぜ
庭にはこんなんにトウガラシがなっているのだろう。
いったい、誰が食べるんだ?
[PR]
by roman-tan | 2007-10-02 19:50 | Nepal