アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

空気の読めない人

今年の流行語「空気が読めない(KY)」が、流行語大賞のトップに上げられているそうだ。
私自身はあまり使用したことがないけれど
ブログにつくコメント
最近KYとは、こういうことかとよく思う。

私も人のブログにコメントをつけるけれど
あくまでそのブログが主体であるので、失礼のないように文章に気をつけるし
相手を尊重しているつもりだ。
それは、ブログを持っている人ならお互い了解していると思う。
個人の趣味程度でやっているブログに
コメント欄で批判はしないし、長々自分の意見は披露しないでしょ。
顔がわかっている場合は、親しみの度合いで文体や距離はかわる。
コメントはあくまでコメントで、交換日記の場でもない。

批判の意見は受けることもあるけれど
それはそれで、何かのテーマがある場合は貴重な意見だと思う。
建設的に役立てたい。
ただ一番困るのは
しつこく来るコメントや、何を言っているのかわからない場合(文がおかしい!)
また、偉そうにタカピシャにくる場合
いったいアンタは何をいいたいの、と思うようなコメント
ストーカーっぽくて、恐くもなる(延々と続いて、普通じゃない)。
そういうのに限って、自分のサイトは持っていない。
情報発信したいのなら、自分のブログですればいい。

おかしくて恐いあなた、空気を読んでね。
「あなたとはブログを通じても、お友達になりたくはないの」
空気を読め(池田信夫)というブログもあったけど・・・
[PR]
by roman-tan | 2007-11-17 05:35 | 発見