アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

マーラー交響曲第1番2長調「巨人」

地元の管弦楽団の定期演奏会に出かけた。
知り合いが、ご夫婦で団員として活躍されているので
都合がつく限り、演奏会にはお邪魔している。
今日のプログラムは
グリーグ ピアノ協奏曲イ短調作品16
マーラー 交響曲第1番2長調「巨人」
指揮者は小林研一郎
ピアノは小林亜矢乃
親子での共演とあってか、席はほぼ埋まっていた。
父親と娘、ほのぼのしていて微笑ましかった。
マーラーはとても力強くて、交響曲そのものがドラマみたいだった。

音楽好きなご夫婦は、仕事・子育て真っ最中の忙い毎日
その合間に練習や準備で、地元の管弦楽団を支える。
団員のみなさんも普通の日常の中で、音楽を楽しみながら支える。
やっぱり、街にそんな管弦楽団があることはうれしい。

チラシをお預かりしたので、お客さんの入りが秘かに気になっていたし
前回は娘も出していただきお世話になったので、心はすっかり応援団だった。
観客もいっぱいでよかった、よかった!
演奏も素晴らしくて、最後は感動的だった!


f0077807_1922151.gif

でも、かわいいお嬢さんたちは
昨日からずっと、寂しい思いをきっとしていただろうな。
[PR]
by roman-tan | 2007-12-16 19:05 | 映画とか・・