アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

環境偽装

「食品偽装」があるからって、「環境偽装」という言葉
たかだか紙のことで、ちょっと大げさじゃないのと思うけど・・・

日本製紙グループの社内調査結果(ニュースリリース
実際どれだけ表示と乖離していたか、データが後半にあるけど
私は食品偽装より、なんか嫌だなあと思った。

① 表示との乖離がかなりひどいものがある。
② 再生紙の方がちょっと値段が高くても、買う努力をしていた。
③ 紙の街ということで再生紙に対する意識もみんな高いと思う。
   古紙回収や、分別の努力はどうなるの?地元でしょ。
④ 食べ物は、まあ病気にならなきゃいいや、という自己確認で私は許しちゃうけど
   紙なんてまったく外からじゃわからないし、騙されたって感じが強い。
   グリーン購入の積極性を誇っていた市役所もお気の毒

再生紙100%の販売は昨年9月で止めるっていってた。
製紙会社は昨年ばい煙協議値改ざん問題もあったし
どんどん社会的信用度が低下してしまう。

どよんだ空気はいつ晴れるだろう。

f0077807_18572568.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-01-17 18:59 | 森林