アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

話を聞かない男、地図が読めない女

最近、「話を聞かない男、地図が読めない女」という台詞をよく聞く。
そんな本があったなとは思うけれど、読んでいないので中身は知らない。

確かに、話を聞かない男性は多いなと思うので「ふんふん」と聞いている。
ただ、地図の読めない女とは何だ?と思っていた。
否定的な意味で使っている雰囲気が、ちょっと気にくわない。

「話を聞かない男、地図が読めない女」の筆者は
「人類は何十万年もの間、男は狩をして食物を調達するのが仕事で、女は洞窟の中でこどもを産み育てるのが仕事だったのだから、それぞれがうまくいくように脳も進化していった」
「農耕や牧畜を覚え、狩をしなくても食物が手に入るようになったのは長い人類の歴史で言えば最近の事、何十万年もかかって進化したものが急に変われるはずが無い」といってるらしい。
まあ、当たっているところもあるかも。
でも、狩を得意とする女もいるし
どちらかひとつを選択する時代でもなかろうにと思う。

私は地図が好きだし・・・
知らない街へ行ったらまず最初に地図を買うし、帰って来ても大切にとっておく。
日々の生活の中でも、初めて行く所を地図で確認して距離とか時間も考える。
近所や市内の地図を眺めたり、ネットの地図を意味もなく見るのも好きだし
世界地図なんか特に面白いと思う。

脳訓練の結果というより、個人の嗜好範囲のような気がするけど・・・

f0077807_22394624.jpg

           マヤは地図を必要としない女
          鼻があるもんねえ~
          夜泣きがなくなって、よく眠る。
          甲斐犬は飼うのがむずかしいなんていわれて、ちょっと緊張

[PR]
by roman-tan | 2008-01-25 22:47 | NPO法人