アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

社有林

森林がらみのイベント
ワークショップは頑張ってたけど・・・う~ん、つまらなかった。
型だけ真似ても、やっぱり無理かなと思う。

でも、話題提供の話は面白かった。
南アルプス・井川山林の歴史と今後」
東海パルプ井川社有林(約24.430ha)とは本州の中央部
長野・静岡・山梨の3県にまたがる南アルプス
井川社有林は、くさび状に突出した静岡県の最北端、大井川の最上流部に位置した、東西の最広部役13km、南北約33kmの1団地、面積は約24.430ha。
民間所有の1団地としては最も広く、東京JR山手線で囲まれる面積の4~5倍に相当
生物
多面的機能の評価額
環境保全
歴史
年間の社有林管理費が7000万円かかり、その半分しか収益で賄えないそうだ。
不足分は他の事業からという。
この会社、本業のパルプではパッとしないけど、歴史ある森林所有で有名らしい。

もっと聞いてみたいことはあったのだけれど、時間がなかった。
① 森林を手放さない本当の理由は?
② 森林管理のための国・県の補助事業は行っているのか?
③ 社有林の中にあるダムからの収益(水利権とか・・この収入が3500万?)は?
④ ひとつの民間団体が、これだけの土地を所有し続けることができたのは?
⑤ 人は全く住んでいなかったのか?(井川はめんぱでも有名だけど・・・)

こういうタイプの森林があるのは知らなかったので
その歴史、仕組み、今後についての話はとても興味深かった。
企業だから、何らかのメリットがあるから赤字でも所有し続けているのだろうけど
そのあたりの本意が不明だった。
先日の再生紙偽造事件についても謝罪していたけど。
製紙関係の国会議員も、なぜか途中から登場
トンチンカンなことを言って失笑をかっていた。


その他の社有林として
ニッセイの森(全国169箇所 381ha
東京ガスの森(長野県 194ha)
トヨタの森(愛知県
東京電力(尾瀬 6,199ha)
速水林業の森(三重県 1,070ha)
住友林業(四国・九州・北海道・和歌山 約40,000ha)
住友林業 まなびの森(富士山南麓 90ha
王子製紙 王子の森(日本各地 20万ha

こんなにあるんだ。
山林の一番の問題、本当は所有権だといわれる。
そういった意味では、社有林は何かをするにはまとまりやすいのかもしれない。
[PR]
by roman-tan | 2008-02-09 21:21 | 森林