アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

チャップリンの秘書

チャップリンの秘書が日本人だった、すごい!
お正月番組の再放送らしい。
お仕事データを持ってくればよかったと後悔しながら
手持ち無沙汰でテレビをつけたら放送中、最初から見ればよかった。

日系1世高野虎市という人のお話
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%87%8E%E8%99%8E%E5%B8%82
昔の良き日本人を、チャップリンは彼を通して信頼していた。
チャップリンが日本と関係が深かったことも知らなかった。
日本チャップリン協会というものある。
おまけにこんなエピソードも
五・一五前夜のチャプリン 「皇居前の一礼」の謎に新事実

日系人のアメリカにおける戦中戦後の苦労
彼の場合はスパイ容疑もあったため収容所の生活も長引いた。

強制収容所の話は、日系人から良く聞いたことがある。
特にカリフォルニア州Tule Lakeに収容されていた日系2世家族には
可愛がってもらったので、何かにつけ話が出た。
1988年、レーガンが「市民の自由法」(日系アメリカ人補償法)に署名。「日系アメリカ人の市民としての基本的自由と憲法で保障された権利を侵害したことに対して、連邦議会は国を代表して謝罪する」 とし、日系アメリカ人に謝罪し20,000ドル/人の損害賠償。日系アメリカ人、強制収容に関する学校教育のため総額12億5,000万ドルの教育基金が設立
チャップリンの秘書が日本人だったというのも驚きだけど
日系人の歴史、聞いたことのある話が蘇ってきた。
今年はブラジル移民100年だという。
国と民族というもの、それは必ずしも一致しないこと
日本にいるとなかなか理解しにくい。
[PR]
by roman-tan | 2008-02-23 21:13 | 映画とか・・