アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

鳥獣害防止総合対策事業

平成20年2月21日より施行された鳥獣害防止総合対策事業
f0077807_1942734.jpg
事業の交付率
ソフト事業:1市町村当たり200万円を上限に交付
ハード事業:事業費の1/2 以内を交付
  ハード事業とは
◆侵入防止柵の設置等、被害防止施設の整備支援
◆捕獲した鳥獣の肉等を活用するための処理加工施設の整備等の支援
  ソフト事業とは被害防止のためのソフト的な取組支援
◆箱わな等の捕獲機材の導入
◆狩猟免許講習会への参加
◆犬を活用した追い払い等、被害防除技術の導入・実証
◆緩衝帯の設備
◆被害を発生させている鳥獣の生息状況調査
◆地域協議会の開催
これは、市町村が作成する被害防止計画に基づき
被害防止計画は、市町村において鳥獣被害防止特措法に基づいて作成されたもの。

鳥獣害防止総合対策事業の詳細
国としては28億の予算

「悪法」ともいわれ、議員立法で制定された鳥獣被害防止特措法が知らぬうちに
こんな形で実現化している。
「銃の規制緩和」ではないかいうのが悪法といわれる所以
すごい勢いで動物たちを追っているような感じもする。
「生業優先です!」といった行政の人の言葉もわからないでもないけど
この事業だけが突っ走るのは恐い気がする。
[PR]
by roman-tan | 2008-02-25 19:59 | シカ被害