アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

公益認定等ガイドライン案に関するパブリックコメント

公益認定等ガイドライン案に関するパブリックコメントが募集中(3月1日~30日)
意見募集対象
公益認定等に関する運用について(公益認定等ガイドライン)案
(1)公益法人認定法第5条等について(公益社団法人・公益財団法人関係)
(2)整備法第119条に規定する公益目的支出計画等について(一般社団法人・一般財団法人への移行関係)
(3)参考(公益目的事業のチェックポイントについて)
平成18年6月公布の公益法人制度改革に関する3つの法律は
一般法人法」「公益認定法」「整備法(移行に関するもの)」
平成20年12月1日に施行されることになっており、そのパブリックコメントを募集中

現行の公益法人は、法律上特例民法法人の扱いになり
5年間に限り、新制度下での公益認定法人か一般法人への申請ができる。
新制度で公益法人になるには、まず一般法人となりその上で公益性を明確にし
内閣府「公益認定等委員会に公益認定申請を行う。
つまり、一般社団法人には誰でもなれるけど
税制優遇措置を受ける公益法人になるには、とても厳しい審査を受けることになる。

f0077807_1315690.gif

                           (内閣府HPより)

この5年以内に新制度に基づく法人(公益認定法人や一般法人)へ移行しないと
満期日に解散とみなされ、資産は定款の定めにより他の公益法人や国に寄付

現在の財団・社団法人は、新制度へ向けてそれぞれ準備・検討中である。
新制度の公益法人になろうと、定款や会計書類変更、事業の公益性を確認する団体
また、NPO法人化への切り替えを検討する団体
莫大な資産をどうしようか手探り状態の団体
ここに来て、色々な動きが見えている。

正直、公益法人制度改革案がいいのか悪いのか、よくわからない。
けれど、こんな団体が財団法人だったわけ?
これがなぜ社団法人なの、何してるの?という団体
結局は天下り(国でも地方でも)のためだけの団体
私たちの周りには意外と多いということ、あまり知られていない。


それらをまず整理する第一段階として、今度の制度改革はいいと思うけど・・・
[PR]
by roman-tan | 2008-03-06 13:26 | NPO法人