アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

森林認証制度

森林認証制度とは
適正に管理された森林から産出した木材などに認証マークを付すことによって、森林の保護を図ろうとする制度世界中の森林にラベルづけをするのは国際NGO「森林管理協議会(FSC)」(1993年設立)によるFSC森林認証制度のみ。FSCの認証制度には、森林の管理を対象とした 「FM認証」(森林管理・経営:Forest Management Certification) と、認証森林の林産物が加工等され、消費者に正しく届けられることなどを生産・加工・流通等の各段階において認証する「CoC認証」(生産・流通・加工工程の管理認証:Chain of Custody)の2種類があり、2006年9月現在、全世界で72カ国、854箇所、面積約78,898,870haの森林が認証されている(国内では25箇所で約27万7千ha)。EICネットより
日本国内にもSGEC 『緑の循環』認証会議による森林認証制度というものがある。
SGEC 『緑の循環』認証会議は、持続可能な森林経営を通じて、森林環境の保全と循環型社会の形成に貢献します。
日本のSGECなるもの大丈夫だろうか。
林野庁がらみの公益法人は問題が多かった。
●審査機関
(社)日本森林技術協会
(社)全国林業改良普及協会 認証審査センター
(財)林業経済研究所
●登録コンサルタント
森林認証、認定事業体の審査のお申込み手続きは登録コンサルタントに代行させることもできます。
ここも官僚の天下り先という印象が強い。
公益法人制度改革もあるし
代行コンサルの一覧まである。

森林認証制度は、あくまで林業経営や林産の立場からのもので
木材・森林経営認証制度は乱立し、専門家でも見分けるのが困難だという。


森林の荒廃は手入れがされていないとか、動物による食害とか
確かに観察することはできるけれど
他との比較や時間的経過による変化が、客観的数値で定量化されていない。
「荒廃」なのか、「自然変化」なのか、素人にもわかりやすい指標がないだろうか。
また、どうしても林業・林産と環境・生物保護が融合できていないように感じる。
確かに認証の中に、環境・生物保護が謳われてはいるけれど


CO2吸収量の算定」で森林の能力を測る方が理解しやすい(それだけが森林の力ではないにしても)。
[PR]
by roman-tan | 2008-03-11 20:02 | 森林