アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

森林に対する国民の期待

内閣府世論調査では、調査名は毎回少しずつ異なるが
約3~4年ごと、継続的に森林機能に対する国民の期待調査を実施している。

平成19年度5月 森林と生活に関する世論調査
興味深い調査結果は
①国有林にどのような働きを期待する?
「二酸化炭素を吸収することにより,地球温暖化防止に貢献する働き」を挙げた者の割合が53.1%と最も高く,以下,「山崩れや洪水などの災害を防止する働き」(48.6%),「水資源を蓄える働き」(40.4%)
②森林の整備はどうあるべき?
「森林は,国土保全,災害防止などの公益的機能が高度に発揮されるよう,たとえ経済効率が低くても整備すべき」(74.6%)
③木質バイオマスの利活用について、今後、取り組むべき方策は何?
「紙やボード類の原料としての利活用の推進」(57.7%)、「燃やして発電する,またはボイラーで熱を利用するなどのエネルギー源としての利活用の推進」(47.6%)、「燃料用エタノールに加工するなどの燃料としての利活用の推進」(45.2%)、「細かくして堆肥や家畜の飼育舎に敷く敷料としての利活用の推進」(44.3%)(複数回答,上位4項目)
④地球温暖化防止対策として,これまで以上に森林整備を推進していくために必要となる費用に対する負担は?
「温室効果ガスを排出する割合に応じて企業や国民が負担する」(54.8%),「森林の恩恵は広く国民全体に及ぶことから,国民全体で負担する」(54.1%),「緑の募金などの自発的な拠出により負担する」(32.8%),「ボランティアなどの自発的な森林整備活動により負担する」(14.5%),「森林の所有者が自ら負担する」(12.2%)などの順となっている。(複数回答,上位5項目)
⑤今後,森林・林業行政に何を望み,力を入れて欲しいと思うこと
「土砂崩れなどの災害を防ぐ施設の整備」(68.5%),「原生的な森林や貴重な動植物の保護」(45.6%),「森林の整備」(38.9%),「森林を守り育てている山村住民に対しての支援」(37.3%)(複数回答,上位4項目)

国民の森林に対する期待の変化は(出典:社会実情データ図録)

f0077807_18271672.gif


継続的に実施されているなかなかおもしろい調査結果
全国20歳以上、無作為の3000人対象の調査、回収60.9%
木材生産という森林機能が激減したことと
ここ数年の地球温暖化防止への期待上昇が目立つ。
野生動物生息への期待が少ないのがちょっと気になる。
[PR]
by roman-tan | 2008-03-27 18:43 | 森林