アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

ネパールのチベット人

ネパールでチベット人113人拘束 反中国デモで警官隊と衝突 [ 3月30日] 共同通信
【カトマンズ30日共同】ネパールの首都カトマンズで30日、中国に抗議するチベット人デモ隊約200人が中国大使館別館に押しかけ、警官隊と衝突した。警察は、113人を拘束したと発表。デモ隊側は、参加者4人が負傷したとしている。若者や僧侶を中心とするデモ参加者は「チベットに自由を」などと叫び、警官隊は違法デモとして包囲、殴るけるなどして拘束者らを次々と護送車に押し込んだ。
ネパールでチベット人84人拘束 中国大使館に抗議デモ [ 3月29日 共同通信]
【カトマンズ29日共同】ネパール警察によると、首都カトマンズで29日、中国大使館領事部へ抗議デモに向かおうとしたチベット人数百人を警官隊が制止し、84人を拘束した。ネパールは中国チベット自治区に隣接、約2万人のチベット難民が暮らしているとされる。チベット自治区などでの暴動鎮圧以降、連日のようにデモが行われ、これまでに数百人が拘束されたが、大半は即日釈放されている。
カトマンズでの抗議デモを行ったチベット人が逮捕されたという記事は前から流れている。
Tibetan children in Nepal protest (BBC NEWS

ネパールでチベット難民ら大規模デモ、245人を拘束【ニューデリー】2008年3月24日 読売新聞
ネパールの首都カトマンズの国連施設前で24日、中国チベット自治区の暴動に国連が介入するよう求めるチベット難民や僧侶らの大規模デモがあり、AFP通信によると245人が警察に拘束された。警察は、集まった500人規模のデモ隊に対し、竹棒でたたくなどして解散させた。カトマンズの国連施設前では、チベット暴動発生直後から、ダライ・ラマ14世の提唱する国際調査団派遣を訴えるデモ隊がほぼ連日繰り出し、これまでも大量の逮捕者が出ていた。
逮捕されても、大半が即日釈放ということなのでよかった。
中国の手前、一応逮捕するような気もする。

カトマンズのネワール人は仏教徒だし
ヒンズー教のカースト上位者は、ダライラマのいるインド寄りだし
文化、メンタルな部分でネパールは中国よりはチベット支持だと思う。
ただ、援助国であり貿易相手国でもある中国
ネパールの主な生活物資はインドから陸路でやってくる。
ガソリン、砂糖、医薬品・・・・
中国とインドという大国に挟まれた何の資源もない小国ネパールは
独自の政策というよりは、いつも周りに翻弄されている。
そんなネパールも哀しい国
その背後にはアメリカが登場するのはいうまでもなく・・・
ちょっと前の記事だけど、そんな関係がわかりやすい。
チベットは見捨てられるのか (2003年7月1日  田中 宇

他の文化や宗教を、なぜコントロールしようとするのか。
日本もかつてそうだったけれど、破壊行為に至り結局破滅へと・・・。
どこでも同じ行為は繰り返される。
歴史は繰り返されるって、人間は学習能力がないってことかも
[PR]
by roman-tan | 2008-03-30 20:09 | Nepal