アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

シカに関する資料

新しい年度が始まって、行政は人の入れ替わり
何かをするには、また一からという感じで
新鮮というか、無駄というか、繰り返しばかりで、物事いっこうに進歩しない感じ


シカ(イノシシもちょっと)に関する文献がないかなと
農林水産研究ライブラリをのぞいてみた。
おもしろいものを2,3見つけた。
時間があまりないので、何かを調査するという作業ができないというか・・・
そういう作業をあまり必要としていない環境にいる。

調査・研究に価値を置くようにしてほしいと、以前よくいわれた。
調査に携わったことがある人にとっては、とんでもない集団だった。
だけど、そういう作業をしたことない人が仕切っている団体で
価値を理解できないのだから無理な話。
そういう訓練をしてきてないのだから仕方ない。

ということで、シカの話
シカの個体数管理から森林生態系管理
餌(ここではササ)との関係が興味深い。
餌を増やすことで、森林荒廃が防げるのか
それとも、餌を増やすとシカの個体数が増えて、ますます森林の荒廃が進むのか
ササ以外餌との調査もあるだろうか。

シカとネズミとササはどのように樹木の死亡に関わるか?
これも、餌に加えてネズミも登場して興味深い。
アブストラクトでなく、オリジナルが見つけられなかった!

脆弱な生態系の生物多様性の保全技術の開発
何を今さら、当たり前でしょという感じ。

匂い及び猛獣糞などに対するイノシシの行動
ということは、次から次へ新しい”匂い”で対抗していかないといけない。
ヒトもだけど、”匂い”は”慣れる。”
オオカミを知らないはずの日本サルは
オオカミの尿の匂いを恐がるのは、DNAのせいかといわれるけど
イノシシには当てはまらないのかもしれない。

イノシシの跳躍能力
そうか、イノシシは高飛びの選手になればいい。
120センチも障害物を跳躍できるんだ。

静岡県におけるニホンジカとカモシカの分布と、ニホンジカの
生息動向、被害、狩猟等に関するアンケート調査


シカの食害に関しては、あまり見当たらなかったけど
最近急速にということで、まだ対応し切れていないのだろうか。
まだ調べ足りないので、時間を見つけていずれまた・・・

f0077807_20511035.jpg

ハナカイドウ Malus halliana (バラ科 リンゴ属)
ハナカイドウがとてもきれいに咲いた。
単にカイドウ(海棠)ともよばれ中国原産。
中国では広く栽培され、美人の形容詞だということだ。
本当に華やかで美しい花

f0077807_20544657.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-04-03 21:09 | シカ被害