アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

菜の花

f0077807_1757471.jpg

春には黄色い花が多くて
遠くで見た時は、みんな「菜の花」って呼んでいたような気がする。

菜の花は、アブラナ(油菜)・ナタネ(菜種)
又は、ナノハナ(菜の花)はアブラナ科アブラナ属の植物
アブラナ属植物全般の花の呼称の場合もあるらしい。

f0077807_182026.jpg
f0077807_1823162.jpg


f0077807_1825225.jpg
f0077807_1831051.jpg


4種類、異なる野菜の花(静岡京菜、チンゲンサイ、オタマナ)で右下は白菜の花
よく見たら花が少しずつ違うので、感心してしまった。
どの花も同じようにおいしいけど。

あら、こんな句が
菜の花や 摩耶を下れば 日の暮るる (与謝蕪村)
「摩耶」とは兵庫県神戸市六甲山系の摩耶山のことらしい。
菜種梅雨で体調すぐれぬ季節
ウチのマヤトラ姫は絶好調とはいえないみたいで寝てばかり。
[PR]
by roman-tan | 2008-04-11 18:11 | 庭の植物