アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

世代ギャップ

いつの時代でも世代ギャップはあるのだろうけど
現在のネットに関するギャップは、特に大きい。

f0077807_18213362.jpg


広い世代にわたっての参加者があるNPOの場合は
通信手段からそれぞれ異なる。
ボタンひとつで何人にも連絡できるメールが普通の世代と
FAXや文書でないと受けつけられない世代
出向いて連絡に来い!っとおっしゃる世代
事務局は相当たいへんなことになる。
だから多くの場合は、ある程度世代がまとまっての集団形成になる。
それはそれで、それぞれ活動しやすい状態ではあるけれど
傍からみると、それぞれがカラバゴス状態
関連した活動や地域を同じくしても、接点が持ちにくい状況にある。

ネットが操れる世代と、そうでない世代のギャップはかなり大きい。
もちろん個人差はあるけれど
アナログ思考とデジタル思考のギャップは埋まらないと思うし
この格差は無理に埋める必要はない気がする。

両者と接して思うのは
この世代ギャップのあるグループを、どうにか接点を持たせて
お互いにとって相乗効果がでるようにしていきたいということ。
それぞれが、とても意義で魅力的な活動をしていて
人間的にも、どちらも尊敬・応援したい気分になる。

シニアは豊かな経験と人脈と思慮深さがあるが
頑固で閉鎖的な面がどうしても強調される。
若者はエネルギーがとにかくあるが、経験不足と思慮不足になりがち
シニアの知識と経験は、どうしても若い世代に伝え残してほしい。

場の設定を誤ると、連携はうまくいかないような気がする。
お互いを認め合って、協力し合うことは難しいけど
それぞれの核となる人たちが自覚して、慎重に臨めば大丈夫かと思うけど
甘いかな・・・
[PR]
by roman-tan | 2008-06-16 18:23 | NPO法人