アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

気になる人

路上の人
よく見かけるのだけれど
見かけるたびに、何者なんだろうと思う。

身なりからホームレスなのかと思っていたけど、家があるらしいと聞いた。
だから、ホームレスではないのだろう。
寒い冬の朝は、椅子のあるコンビニに座っているし
胸ポケットには拾ったらしいタバコの空き箱がいくつも入っていて
道端でタバコを吸っていることもある。
働いているようには見えないけれど
時にはタリーズでコーヒーを飲んでいることもある。
何か場に不釣合いな雰囲気が、窓ガラス越しに伝わってきた。

話したこともないし、名前もしらないし、お友だちになる予定もないけれど
高齢者の域にある人、悲壮感はないけど、こういう人生もあるのねと思う。


ペルー人
たまたま話す機会があって、日本人の父親(2世)の後を追って来日した。
2年しか経たないというのに、日本語がとても上手
夜勤8時間+残業3時間という過酷な労働
隔週で夜勤勤務があるそうだ。
日本の若者なら、なるべく避けたい職種だろう。
日本人が避ける職種に、外国人労働者の需要は多い。
ペルーへの帰国予定はなくて、将来は東京の大学へ行きたいという。
郷に入っては郷に従え、だけど
開放的な南米の若者にとって、日本の風習は息苦しいだろう。

ブラジル移民100周年の今年、先日写真展をみた。
国策による移民奨励、その2世、3世が日本にUターン
ドラマチックな毎日が刻まれているのだと思うけど
すさんだ気持ちにはならないでねと、若いだけに気になる。


マヤ
写真を撮ろうとすると、じっとしてないから・・・撮れない。

f0077807_20554776.jpg


こうしてみると、意外と茶色の毛が多い。
今日のマヤは元気かな、が合言葉になっている。
甲斐犬は、味のある面白い犬だと思う。
[PR]
by roman-tan | 2008-06-27 21:07 | 発見