アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

財団法人日本相撲協会

<大麻所持>若ノ鵬に解雇処分も 協会が21日に緊急理事会
大相撲の幕内力士、若ノ鵬(本名、ガグロエフ・ソスラン)容疑者(20)が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、日本相撲協会は19日、若ノ鵬と師匠の間垣親方(元横綱・二代目若乃花)に処分を下す緊急理事会を21日に開くことを決めた。協会内には、現役関取の逮捕という前代未聞の不祥事に厳しい態度を求める声が強く、ガグロエフ容疑者には最も重い解雇も含む処分が科される見込み。
当然解雇だね、と個人的には思うけど
それよりも日本相撲協会は、文部省管轄の財団法人という点に興味がわく。

それほど相撲に興味がないので、HPもみたことがなかったのだけれど
決算書や予算書、財産目録なども公開してあるからよくわかる。
寄付がいっぱいで、お金持ちの財団だということが。
国からの補助金は
プロスポーツ選手等による活用事業 「力士と一緒に!相撲健康体操
委託費として文部科学省から1,831千円 、意外と小額だ。

今年の12月から始まる公益法人制度改革
相撲という国技を守るはずだけど
この不祥事続きの財団は、公益法人として残れるのか。
また、この法人はこの財産をどうしようとしていたのか。

公益法人には色々あって、それらをどうふるいわけしていくのか
まだわからないことが多すぎる公益法人制度改革
誰に聞いたらいいの、問合せの窓口もはっきりしなくて困る。
[PR]
by roman-tan | 2008-08-19 20:25 | NPO法人