アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

講座

NPOがらみの講座、経営とか組織とかなんとかとか
色んなところで常に開催されている。
同じような講師や先生である場合が多いので、いささか食傷気味。
物理的にも難しく、最近は紹介はしても殆んど受講はしない。
それに、ああいった講座、ためになるのかという疑問もある。

お金が絡んだ仕事や、単位がらみの授業で必死にやったモノは
確かにとてもためになって、経験として身についていると思う。
企画や調査、モノゴトの進め方や交渉、報告書作成とか・・・

講座という安直なモノ、面白話が聞ける機会は時にはあるけど
何かの役に立ったということはあまりない。
モチベーションが上がる、という場合はありえるかも。
でも全てそれは、こちらの心がけに問題があるのかもしれない。

といいながら、講座を企画しなければならない状況
斬新なアイデア、高い知性と感性をもった人であろうと期待


なんでもそうなんだろうけど
経験(実践)と理論は並行してあるのが望ましい。
どちらかが肥大しすぎるとバランスを失って、独善的になる。
そういう常識的な人というのが、実は意外に少ないというのがわかった。

f0077807_2158315.jpg


                今日は、なぜか思慮深そうなマヤ
[PR]
by roman-tan | 2008-08-28 21:53 | NPO法人