アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

富貴野山 宝蔵院

なんでこんなに暑いの。

                涼しそうな森の廃寺

f0077807_16435855.jpg


伊豆松崎町の標高550m富貴野山頂にある曹洞宗のお寺
大同3年(808)空海が密教の霊場として開いた古刹
室町時代には末寺88ケ所を有する伊豆第一の山岳仏教の霊地として栄えたが
戦中、戦後の伐採により、周りの森を失った寺は風雨の影響をまともに受け
昭和24年の台風によって山門が倒壊
昭和34年(1959)8月14日の台風で本堂壊半壊
現在は本堂の礎石と傍堂を残すのみ
山門のあった参道に並ぶ苔むした石仏群
400年前、里の住民が祈願のために里から背負って奉献したそうだ。
大きなスギの下にたたずむ開山堂
寺周辺は富貴野と呼ばれる野原であったが
戦後一時開拓地となり、植林され、現在スギ・ヒノキの林
この林を「二十一世紀の森」と名付けたが
行政の施設、管理不足で荒れてるらしい。

だいたい、森とお寺はセットなのに・・・
森がなくなって、お寺は丸裸になったとさ。
[PR]
by roman-tan | 2008-09-01 16:52 | 森林