アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

岩地温泉

用意された宿が、岩地温泉だということは
目的地に到着してから知った。

パンフレットを見て、思わず吹きだしてしまった。
「東洋のコートダジュール」・岩地温泉
「珍日本紀行」によると
観光のため、コートダジュールをイメージして、家々の屋根が黄色
でもコートダジュール、黄色でもないらしい。
名付け親は、このキャッチ・コピーを作ってから現地に行ったらしいの。
そんなものを真似なくても、もともとのよさがいっぱいあるのに。
源泉:岩地温泉(70℃)
■泉質:含塩化土類 食塩泉
■効能:リウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性湿疹、虚弱児童、女性性器慢性炎症、卵巣機能不全症、子宮発育不全症及び月経障害、更年期障害
■飲用適応症:慢性消化器疾患、慢性便秘
■浴用禁忌症:全ての急性疾患、熱性疾患、進行性結核、悪性腫瘍、重い心臓病、出血性疾患、高度の貧血その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中特に初期と末期は原則として禁忌、高度の動脈硬化症
■飲用禁忌症: 腎臓炎、ネフローゼ、高血圧症、その他一般に水腫傾向のある時

時間がないので、早起きして探検してみた。

f0077807_1932389.jpg

【ダジュール岩地】という
観光協会が設置した露天風呂

f0077807_19335818.jpg








静かな岩地漁港
泳いでいる人がひとり
釣り人でにぎわっていた。



f0077807_19353283.jpg


隣の石部温泉には、有名な石部の棚田がある。
この長礒石でもわかるけど、この辺りは石積み技術が昔から優れているようだ。
石部の棚田を管理し棚田オーナー制度を運営する
地元のグリーンツーリズム組織「赤根田村」もユニーク。


岩地温泉、石部温泉、雲見温泉(昔来たことがある)地区は
1965年にバスが運行されるまで、秘境といわれていたそうだ。

今回は観光目的ではなかったので、心残りの部分がたくさんある。
魚料理は美味しかったし、出会った人がとてもよかったし
まちづくりって、人だねってつくづく思った。
[PR]
by roman-tan | 2008-09-13 20:05 | NPO法人