アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

ガネーシュ

ネパールの村で野生のゾウに4人が殺害される
[カトマンズ 13日 ロイター] ネパールのカトマンズから南東200キロにある村で13日、野生のゾウが12歳の少女を含む少なくとも4人を殺害したと警察が明らかにした。被害者らは睡眠中に家から引きずり出された上、踏みつけられて死亡したという。
 ネパールには約250頭のゾウがおり、そのうち約100頭は、ホテルや国立公園などで飼育されている。 
 ネパールではゾウは法律で守られており、ゾウを殺した罪で有罪になった場合、最長15年の禁固刑が科される。
南部のタライ地区はジャングルで、野生のゾウもいるんだ。
こうなった経緯、何かあるような気もするけど・・・


確かにゾウっていうのは、近くで見ると、動物園でみるのと違ってもの凄く大きい。
カトマンズにも飼育されたゾウがいて、イベントなどで働いていた。
隣の家にゾウがやってきた。
娘が喜ぶかと思って、我が家にも寄ってもらったが
恐さのあまり、泣き叫んで家に逃げ込んできた。
あまりにも大きすぎて、お鼻の長いゾウさんは怪物でしかなかったらしい。


ゾウは恐い動物だとよくいわれるが
多神教ヒンズー教の豊穣神ガネーシュは、ゾウの神様

f0077807_18533284.jpg


最近はやっている「夢をかなえるゾウ」はガネーシャ、いちおう区別しておく。
[PR]
by roman-tan | 2008-09-15 18:56 | Nepal