アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

同窓会

高校の同窓会があった。
過去にたまたま同じ時間を過ごして
どうしてそれにこだわって集まるのか、しっくりこなかった。

大学関係のは毎年何か来てるけど、ほとんど読みもしない。
こっちは男性ばかりで行き辛いというのもあるけど。
近くに転勤になったと、実家に来た男の子がいたらしい。
「どうしてますか?」に、母は思わず
「生きてますよ」と答えてしまったらしい。
実験を毎日一緒に、一年間しただけだったのに
実家に名刺を置いて返ったらしいけど、連絡してない。

今日のは女性ばかり
最初のおすましが、すぐになくなり昔に戻ってしまう。
6年間一緒だったということで、忘れていた妙なつながり感が蘇る。
名前がわからない人、顔もわからない人、セレブそうな人
容貌の変化にを面白がったり驚いたり、テンションの高い日だった。
久しぶりに、お腹の底から笑えたような気がする。

その後の意外な人生や興味を聞いて驚き
当時それほど親しくなかった人に親近感を覚え
自分が変化したのか、相手が変わったのか。
色々な兆しは高校生時にあったとしても、その後の環境の中で
自らが求めたように、それぞれ変わってきたのかもしれない。

でも、やっぱり同窓会って
忘れた頃に、たま~に参加するのがいいかもしれない。


f0077807_20554894.jpg

   
[PR]
by roman-tan | 2008-10-04 21:30 | 発見