アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

簡易水道

昨日から水道の水圧が下がっているのか、水に勢いがない。
今朝になるともっとひどくなって、水が細くなっている。
家周りやメーターをチェックしてみたが、原因がわからない。
私の地区は、簡易水道組合が水道事業を行っている。
そこで町内の簡易水道組合に連絡した。
日曜日の朝からの速やかな手配・修繕
とても早い対応で助かった。

簡易水道とは
水道法上、導管及びその他の工作物により、水を人の飲用に適する水として供給する水道のうち、給水人口が100人を越え5,000人以下であるものをいう。簡易水道事業は、水道法上では、給水人口が5,000人以上の水道事業と概ね同じ取扱いであるが、小規模簡易水道事業については、消火栓設置義務が免除されるなどの若干の特例が設けられている。また、上水道については地方公営企業法が適用されるが、地方自治体が経営する簡易水道については地方公営企業の適用については地方自治体の条例で適用するかどうかが決められる。ただし、地方財政法上は上水道も簡易水道も同じ公営企業の扱いであり、特別会計を設けて運営しなければならない。(ウィキペディア『Wikipediaより』)

全国簡易水道協議会というものもある。

市の計画では、簡易水道を市の上水道へ統合する計画がある。
災害時に備えて、安全・安定供給のためということらしいが
水質もよくおいしい水であり、かつ災害のことも考えたら
地域で供給できる体制である簡易水道を、維持しておいた方が得策だと思う。

もともとの小さな村が合併して市になったが
全てにおいて後回しにされる地域は、自立して地域の生活を守ってきた。
水道に限らず、色々な自立の仕組みは行政よりも頼りになる。

でも、一般的に簡易水道にも問題はあるらしく
水の世紀を底辺で支える簡易水道を読むと歴史や問題が見えてくる。
確かに、全国の簡易水道関係への補助金額は大きいみたい
この国からの補助制度が、平成28年にはなくなるらしい
う~ん、知らなかった!
[PR]
by roman-tan | 2008-10-26 15:20 | 発見