アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

ホームレス支援

今日の困ってしまった電話
ホームレス支援をしているNPOはないかという問合せ
県中部では食事サービスをしている団体があると聞いたことがあったが
県東部では聞いたことがない。

知らない、で済ませられない親切な方が
市の福祉課に連絡とったり、県に問い合わせに奔走した。
仕事中の事故なら、法的な相談もどうだろうか
生活保護はどうだろうか、とみんなで考えをめぐらした。
しかし、目の前の現実生活支援を求める彼にとって、いい解決策はなかった。

彼は隣の市から電話をしてきた。
住居付きの職場で働いていたが、怪我をしてしまい仕事ができなくなった。
そこを出て行かなくてはいけないがお金もないので、ホームレスになるしかないという。
NPOという言葉を聞いたことがあり
ホームレス支援をしてくれる団体を紹介してほしい連絡してきた。
派遣で流れて仕事をしているらしいが、詳細はよくわからない。
市の福祉保健部保護課に連絡したが、解決できなかったと電話があった。

地方都市でもホームレスは増えている。
でも考えてみたら、ホームレス支援の団体の存在は聞いたことがない。
東京にある有名なNPO法人自立生活サポートセンター・もやい
都会ならではのものだろうか。
アメリカにはホームレスに食事サービスする所や、宿泊施設があった。
そこでボランティアをしたことがあるが
ホームレスが長蛇行列を作る光景は壮絶だった。
中には子連れの母親もいた。

彼は最初県に電話をしたそうだ。
NPO担当がこちらを紹介したらしいが
むしろ福祉課を紹介すべきじゃないのかと思った。
結局、彼はたらい回しされたことになる。
県にはホームレスの自立支援対策という立派なものがあって、問い合わせ先まであるのに
実質的には相談すらも、何も機能できないということがわかった。
情けない現実がある。


f0077807_18522212.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-11-04 19:05 | NPO法人