アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

防衛補助事業

今日聞いた話の中で出てきた聞きなれない言葉、「防衛補助事業」
なんとなく意味は伝わってきたけれど、調べてみた。

防衛省・自衛隊の民生安定助成事業のことだろうか
それとも、周辺対策事業を全て含むのかもしれない。
補助金配分都道府県別総括表
民生安定施設の整備
基地による騒音や安全上の不安など、周辺住民への影響を緩和するため、「生活環境の安定に寄与する施設」として、自治体が整備する公園・緑地や集会施設などに、基本的な事業費の50~80%の補助金を交付
今日聞いた話は、施設建設費の75%が防衛補助でまかなわれ
周辺道路も防衛補助で整備されたそうだ。
たった人口約9万人の市で
周辺市町では考えられない施設が建設できるのもそのせいだ。

確かに演習時の騒音はひどいらしい。
そのため、地域センターのような小規模な集会施設に関しては
「航空機の騒音のために屋外で遊んだり、集まったりできない地域には必要」
として補助対象になっているようだ。

小・中学校でも、体操着など保護者は買ったことがない。
支給されるから、お金がかからないそうだ。
自衛隊様様で、なぜ反対運動するのか理解できないそうだ。
防衛費というのは、なにも戦闘機だけではなく
意外なところでも大きなお金が必要になる。

生まれた時からそういう環境にいれば、疑いはないのかもしれないけど
他所から見ると、なるほど、そういうことだったのかということになる。

f0077807_20245298.jpg


こんなに美しい山の麓には、自衛隊の駐屯地がいくつかあって
演習時には大砲が鳴り響く。
複雑な気分・・・・
[PR]
by roman-tan | 2008-12-11 20:30 | 指定管理者制度