アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

ンゴマ(Ngoma)

たまたまタンザニア人によるンゴマ(Ngoma 太鼓)演奏を聞いた。
太鼓は好きで、喜んで聞きに行ったのだけれど
予備知識がなかった。

タンザニア人のクラスメートがいたけど
彼はとてもインテリで、踊りや歌は披露してくれなかった。
スワヒリ語で太鼓のことを「ンゴマ」という。
『ンゴマは人生』・・・音を奏で、唄を唱い、踊りを躍る・・・それが、生きるということ。
生活、そして人生そのもの。

ネパールの山村でもそうだったけど
楽しいにつけ、悲しいにつけ、神との対話にも歌や踊りがある。
叫びであり、祈りであったり・・・

f0077807_2331197.jpg


今日見た演奏と踊りは、これにとても近いものだった。




日本人の小さな子どもたちが一緒にはしゃいだり
車椅子の高齢者が一緒に体を動かしたり
外国人親子も何組かいて、とてもいい光景だった。


ンゴマ・ジャパニ(Ngoma Japani)というサイトもある。
この団体は、NPO法人でもあるようだ。
[PR]
by roman-tan | 2008-12-26 23:26 | NPO法人