アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

カテゴリ:映画とか・・( 96 )

大道芸

開催中の大道芸ワールドカップも明日が最終日。

f0077807_19301558.jpg


8月の地震で壊れたお堀が痛々しい。

f0077807_19453511.jpg


この辺は無傷だったようだ。

f0077807_19462253.jpg


ワールドカップというくらいだから、技を競う側面が大きいのかもしれない。
真剣勝負の厳しさが伝わってくる。
以前はもっと観客参加型が多くて、お笑い的なものも多かったような気もする。
ドキドキするようなものも多いのだけれど

f0077807_19385379.jpg

f0077807_19391636.jpg

f0077807_193941100.jpg


つい、ほくそ笑んでしまうようなものもある。

f0077807_19361623.jpg

         おばけきのこ
f0077807_19365269.jpg

         人間ジュークボックス
f0077807_1937215.jpg

              ?

ネパール・カレーを売っていたネパール人とのおしゃべり
思いがけない最近のネパール事情とカレーと
タイ人のグリーン・カレーもおいしかった。
[PR]
by roman-tan | 2009-11-02 20:00 | 映画とか・・

The Cove

イルカ漁に抗議し姉妹都市停止 豪自治体、和歌山の太地町と
【シドニー共同】和歌山県太地町と姉妹都市提携をしているオーストラリア北西部ブルーム町が太地町のイルカ漁に抗議して、姉妹都市の提携停止を決めたことが24日分かった。町議会の投票で全会一致で決定した。イルカ漁をやめれば、姉妹都市関係を再開するという。太地町でのイルカ漁を隠し撮りしたドキュメンタリー映画が最近、米国やオーストラリアなどで上映されたことをきっかけに、イルカ漁批判が高まった。(2009.8.25)
この原因となったドキュメンタリー"The Cove"の予告
海外では評価の高いドキュメンタリーらしい。




これに対抗した




私は鯨もイルカも食べないけれど
一連に登場する動物保護活動家ってのは、カルト信者に似てるよなと思う。
独善的で強要する姿勢が。
生態系維持のためのカンガルー捕獲はいいらしい。
シカの捕獲、イノシシ、サルはどう思っているのだろうか。
太地町のイルカ捕獲は生態系維持の面もあるという。
それぞれ独自の食文化や歴史、自然背景がある。
全てを理解することには難しいこともあるかもしれないけど
バカバカしいなあと、いつも思う種類のニュース。
[PR]
by roman-tan | 2009-08-25 19:10 | 映画とか・・




この映画、いくつかの予告編があり
映画そのものが反日のプロパガンダ(Propaganda)といもいわれる。
確かに日本軍の行為ばかりが強調された予告編もある。
日本の捕鯨に対する批判も現実にあったり
映画で描かれる日本軍によるオーストラリア、ダーウィン空襲がその理由らしいけど
映画そのものは、そこまで深い話ではないような気がした、恋愛映画。
すごい数の牛を砂漠を越えて移動させるシーンは迫力があった。

アボリジニが出演するということと
よく知らないオーストラリアの歴史物語に興味があった。
日本軍によるオーストラリア空襲については殆んど知らなかった。
突如、日の丸掲げた戦闘機が出てきた驚いた。
敵の補給線を断つことが主目的にすぎなかったらしいけど
使用された爆弾は真珠湾攻撃よりも多かったそうだ。
日本兵がアボリジニを殺害するシーンがあるけど
それが反日のプロパガンダとも思えない。
先住民に対する残虐行為はオーストラリアに限らないけど
2008年、ケビン・ラッド首相は
先住民アボリジニに政府として初めて公式に謝罪した。


最近、ペットフードにカンガルー肉がよく売られているけど
出所はオーストラリア意外には考えられない。
増えすぎたカンガルーの捕獲によるものだろうか。
カンガルーと鯨の論争・・・ちょっとついていけない。
[PR]
by roman-tan | 2009-08-23 20:07 | 映画とか・・

Alan Parsons Project

Don't Answer Me




Eye In The Sky


[PR]
by roman-tan | 2009-08-05 20:31 | 映画とか・・

12人の怒れる男

「裁判員制度」世論調査 選ばれて「行く」は71.5%

1957年のアメリカ映画『十二人の怒れる男』を
現代ロシア版にリメイクしたもの。





日本でも始まった裁判員制度
正直、まだよくわからないけど、裁判員制度と陪審員制度は異なる。

 裁判員制度は、日本国憲法下で定められた制度。性別、収入などに基づく資格要件はなし。裁判員数は原則6名。対象事件は、否認しているかどうかを問わず重大な刑事事件。被告人が裁判員裁判か裁判官による裁判かを選択することは不可。裁判員と裁判官の立場は対等、裁判官が裁判員の判断を一方的に拒否して審理のやり直しを命じることはできない。裁判員制度は、有罪の場合の刑の重さも裁判官と裁判員が決定。

正確には、日本にもかつて陪審制度はあった。
 1928年(昭和3年)から施行。陪審制度を導入理由は、政治上の理由(民主主義)と司法上の理由(裁判への信頼の確保)。政府は周知のため、5年間の準備期間に延べ3339 回の講演会(124万人の聴衆)、284万部のパンフレット類、11巻の映画を作成した。陪審員は、直接国税3円以上を納める日本国民の男子から無作為抽出12人。対象事件は、被告人が否認している重罪事件。陪審員は、有罪・無罪の結論を出し、裁判官に対し「答申」するが、裁判官は法律上これに拘束されず、「答申」を採用せず審理のやり直しを命じることができた。陪審裁判は484件、無罪率は16.7%。
 1943年、陪審法は停止。理由は、「陪審事件数が減る一方、戦争が激化する中で、陪審制度維持のための労力(市町村による陪審員資格者名簿・候補者名簿作成の事務負担など) を削減のため」


その人の生きてきた背景で
善悪の判断というものは随分異なるものだと思った。
集まる裁判員で、判断に偏りがおきないのだろうか。
オリジナルを見ていないけど
多民族国家ロシアを舞台にしたこの映画
チェチェン紛争絡みの話も興味深かった。
[PR]
by roman-tan | 2009-07-26 17:45 | 映画とか・・

ミュンヘン(Munich)

2005年12月公開のアメリカ映画(日本公開2006年2月)
スティーヴン・スピルバーグ制作、監督のミュンヘン(Munich)を観た。

1972年のミュンヘンオリンピック開催中
テロリスト「黒い九月」によりイスラエル選手団11名が殺害された。
それに対する報復を描いた映画。





ユダヤ系を代表する文化人スピルバーグ
映画のラスト・シーンは
ブルックリン島から見た世界貿易センタービルの「ツインタワー」の遠景
ツインタワーが新たな殺戮と報復の象徴になった9.11
ミュンヘンの悲劇から
それよりずっと前の紀元前から
9.11はその結果であり、これからも続くであろう出来事のひとつ
そんな印象が強く残った映画だった。


賛否両論あった映画だったそうだけど
ユダヤ人が描く映画として興味深かった。
無意味な憎しみの連鎖はいつまで続くのか。
[PR]
by roman-tan | 2009-07-19 21:36 | 映画とか・・

we are the world

この動画を見たのは本当に久しぶり、1985年以来だろうか。
これがマイケル・ジャクソン作詞ということも、当時は知らなかった。
アメリカに行った最初の年のクリスマス
年末年始日本にも帰らずヒマで
珍しいMTVを見ていると、何度も繰り返しこれが流れていた。
クリスマスという平和な気分にピッタシの曲だなあと、ボーっと見ていた。

アフリカというのがキーワードでもあった時代
アパルトヘイト反対など、学生間では盛んに運動がおこっていた。
1984年にノーベル平和賞を受賞した南アフリカの平和運動家
デズモンド・ムピロ・ツツ(Tutu)が大学にやってきて講演した時はすごい盛り上がりだった。
でも現実は、アメリカだって、キャンパス内だって黒人はしっかりと差別されていた。
南アフリカ出身の白人留学生が、肩身を狭そうにしていたのを覚えている。


動画には
男の子たちに大人気だった全盛期のブルース・スプリングスティーン
亡くなったレイチャールズや当時の人気者が勢ぞろい。
なかなかおもしろい!



アル・ジャロウ、ウィリー・ネルソン、ウェイロン・ジェニングス、キム・カーンズ、クインシー・ジョーンズ(プロデューサー及び指揮)、ケニー・ロギンス、 ケニー・ロジャース、ジェフリー・オズボーン、ジェームス・イングラム、ジャッキー・ジャクソン、シンディ・ローパー、シーラ・E、スティーヴィー・ワンダー、スティーブ・ペリー、スモーキー・ロビンソン、ダイアナ・ロス、ダリル・ホール&ジョン・オーツ、ダン・エイクロイド、ディオンヌ・ワーウィック、ティト・ジャクソン、ティナ・ターナー、ハリー・ベラフォンテ、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース、 ビリー・ジョエル、ブルース・スプリングスティーン、ベット・ミドラー、ポインター・シスターズ、ボブ・ゲルドフ、ボブ・ディラン、ポール・サイモン、マイケル・ジャクソン、マーロン・ジャクソン、ライオネル・リッチー、ラトーヤ・ジャクソン、ランディ・ジャクソン、リンジー・バッキンガム、レイ・チャールズ

[PR]
by roman-tan | 2009-07-03 21:24 | 映画とか・・

ピアニスト内田光子

ピアニスト内田光子さんに勲位 英女王、直接授与へ
【ロンドン13日共同】英政府は13日、6月恒例の叙勲名簿を発表、モーツァルトやベートーベンの演奏で世界的な評価を得ているピアニストの内田光子さん(60)に大英帝国デイム(男性のナイト=勲爵士=に相当)の称号が授与されることが決まった。近くエリザベス女王から直接授与される。内田さんは、ロンドン交響楽団など世界の一流オーケストラと協演。演奏はクラシック音楽界で絶賛されている。
内田光子という名前を知ったのは、ずっと昔。
ショパンしか弾かないというコンサートに、ショパン好きの友人と出かけた。
サンフランシスコのこじんまりとした素敵なコンサート会場
その日ばかりはドレスアップして、田舎から出かけた。
外国人観客からの拍手喝采
体全体で演奏をしていた華奢な日本女性
世界で活躍する日本女性なんだと
当時苦節の私は、勝手に誇らしい気分だった。

ずっとロンドンを拠点にしていたわけだけど
熱海生まれというのも知らなかったし
彼女の夫が、「世界最高の知性100人」に選ばれたロバート・クーパーということも知らなかった。

日本ではそれほど名前を聞くことがなかったけど
世界が舞台だったんだ。


f0077807_1546282.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-06-15 15:54 | 映画とか・・

スーザン・ボイル

まるで映画のシーンのように盛り上がってしまった動画
歌は心【完全版】/スーザン・ボイル (日本語字幕つき)

スーザン・ボイルさん:ユーチューブから一夜でスターに 熱唱動画が世界を駆けめぐる(毎日JP)
英国スコットランド南部の田舎町に猫と暮らす独身女性、スーザン・ボイルさん(47)は一夜にして国際的なスターとなった。「プロの歌手」になるという夢と、「ガレージ(車庫)」(本人)のような外見。そのギャップを嘲(ちょう)笑されたが、熱唱シーンの動画がインターネット上で瞬く間に世界を駆け巡り、共感の津波が沸き起こった。
介護に人生の大半をささげてきたっていうのもすごい。
この一瞬の輝きのための今までって感じだろうか。
無欲でかわいらしい女性
[PR]
by roman-tan | 2009-04-29 22:34 | 映画とか・・

Melody Gardot

「音楽セラピー」
日本ではまだ軽~い感じの印象だけど
アメリカでは専門分野として認められている。

メロディ・ガルドー / MELODY GARDOT
19歳の時自転車で帰宅途中ジープに跳ねられ、背骨を含む数箇所の複雑骨折、神経、頭も怪我をするなどの重症を負い、一年間寝たきりの生活を余儀なくされる。以来、生涯後遺症として背負った視覚過敏よりサングラスを手放せなくなり、リハビリとして医者に勧められた音楽セラピーにより曲を書き始める。




Baby I'm A Fool
[PR]
by roman-tan | 2009-04-25 11:21 | 映画とか・・