アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

カテゴリ:映画とか・・( 96 )

どうしても、仕事という枠の中でやりたい企画を実現するのは難しい。
仕事として割り切ってやれることと
譲れないこだわりを守ること、その辺の線引きがある。
そうなると、同じことを考える仲間でやることになるのだけれど
それぞれの空き時間を工面して進めていくので・・・・
終わると怒涛のように疲れが訪れる。
とても限られた予算内だから、結局満足感しか得られないのに
なぜやるのか、自問しながら参加者のアンケートを読むことになる。

チラシを見て参加したという大学進学が決まった高校生たち
実は県の教育委員長だったという、オドロキの顔見知りの方
準備の段階で何度もやり取りをしたパネラーの方々
遠方から参加してくださった方々

ネガティブな意見・感想はなかった。
無理やり動員という形はとらなかった、というよりはできないので
おそらく本当に興味のある方々の参加だったのかもしれない。
正直ちょっと心配だったけど、まあまあの形だろうか。


当日までには色々な方にお世話になり
出会えた素敵な方々
好きな曲を聴いて、やっとそんな気分になってくる。

f0077807_1321243.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-12-07 13:05 | 映画とか・・

風姿花伝

風姿花伝は、世阿弥(1363~1443)作の芸能書
人間そのものに当てはまるところも多い。
何歳で何をとか、教育論ともいえるし
7段階の人生論ともいわれる。

いい現代語訳がないそうなので
原本で読むのがいいらしい。

有名な箇所は、秘する花を知ること
秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず


時間もだけど、精神的なゆとりがない最近の生活
風流人になるべく、ちょっとリセットして
よ~し、原本で「風姿花伝」を読んでみよう。


f0077807_16135593.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-11-16 16:18 | 映画とか・・

Viva La Vida / Coldplay

ipodのCM曲だったんだ、そんなことも知らなかった。

運転中に流れてきた曲は
株安が続き、世界的な景気の減速
激動の現在にぴったりの曲だ、という解説
今日もバブル後安値を割った。
I used to rule the world
Seas would rise when I gave the word
Now in the morning I sleep alone
Sweep the streets I used to own

私はかつて世界を支配していた
・・・・
私が支配した街を自分で掃除する
はあ?
歌は一部しか流れなくて、どんな歌なんだろうかと不思議に思ってた。





U2っぽくて、いかにもイギリス・ロックって感じ。
問題の歌詞は
英語の歌詞、色々ある中から日本語訳
世界史に詳しくない私には
ルイ16世をモチーフにしているなんて説明されても難しい。
「現代の変革の時代で、後悔する人生を送るな」というメッセージらしい。

Once you'd gone there was never
Never an honest word
That was when I ruled the world


景気は、どんどん悪くなるのだろうか。
[PR]
by roman-tan | 2008-10-27 20:17 | 映画とか・・

Autumn Leaves


Miles Davis & Cannonball Adderley


Bill Evans Trio - Autumn Leaves
[PR]
by roman-tan | 2008-10-19 17:20 | 映画とか・・

UK-Japan2008

別の用事で出かけたら、こんなイベントが
何ゆえイギリスかと思いきや

f0077807_2021041.jpg今年は”UK-Japan2008”ということだ。
日本と英国の関係はかつてない程良好です。両国は、政府レベルから草の根レベルまで広範囲な活動において協調関係を築いてきました。2008年は日英修好通商条約調印150周年にあたり、また、日本がG8議長国を務めることから、二国間の一層の関係強化を目指す活発なハイレベル交流が期待されます。こうした背景をもとに、現代の英国の創造性を芸術、科学技術、クリエイティブ産業の分野でご紹介し、日英のさらなるコラボレーションを生み出し、日英関係を祝うに相応しい年としてUK-Japan 2008が催されることになりました。

イベントが各地でいっぱいということらしい。
今日は時間がなかったので、横目でさよなら。


f0077807_2094728.jpg

久しぶりでお会いしたこの方は、酸性雨のせいだろうか
すっかり老け込んだような・・・・・・。


f0077807_2012481.jpg

金木犀の花が満開

もっと色々ゆっくりと時間をかけたいのに
時間の早巻き状態が続いて、とても心地悪い。
[PR]
by roman-tan | 2008-10-13 20:20 | 映画とか・・
映画”Gloomy Sunday
ハンガリー、美しいブタペスト





 Sarah Brightman version
[PR]
by roman-tan | 2008-08-30 21:10 | 映画とか・・

読書感想文

突然電話があって、読書感想文を書くことになった。
一応、「書いてくれませんか」だったけど
断りにくい雰囲気で、そのための本が届いた。

テーマは面白そうだし、好きなジャンルなんだけど
正直、本自体はあまり面白くない。
読み出してはみたものの、すぐ他の本を開いてしまう。
なぜ読みにくいのか、考えるのも億劫になる。
内容は濃いのに、編集があまりよくないような気がする。
しかも、感想文は英語で・・・と(まあ、短くていいのだろうけど)。
本が日本語なのに、とっても不自然な要望。


f0077807_1728941.jpg筆者は研究者だし、本人に直接届く感想文
あんまり無責任ないい加減なことも書けない。

今年は夏休みの読書感想文の宿題がないらしい娘は
ニタニタして、「苦労がわかった?」
みたいな顔をしている。
[PR]
by roman-tan | 2008-08-26 17:37 | 映画とか・・

麦の穂をゆらす風

先日見てとてもよかった映画
独立戦争から内戦にいたる1920年代のアイルランドが舞台
反英国映画という批判もあったらしい
麦の穂をゆらす風

アイルランドといえば
ジェイムス・ジョイス(「ユリシーズ」)、オスカー・ワイルド(「幸福の王子」)
ジョナサン・スウィフト(「ガリバー旅行記」)、ラフカディオ・ハーン(=小泉八雲)(「怪談」)や
エンヤにU2・・・・・・それにリバーダンス

先祖はアイリッシュだと、自己紹介するアメリカ人も多かった。
母方、父方はどの国から来て・・・という話から始まる自己紹介
日本なら、どこの県・市出身くらいの話だろうけど
民族話が常に絡む移民の国、その複雑さと歴史に最初は緊張感がともなった。


貧しいアイルランド、というイメージが強かった。
別の映画で、背広を着ながらやせ地を耕している場面をみて
ネパールと同じだと思った。
違うことは、アイルランド人は民族意識が強いこと。


そういえば、高校時英会話を教えてくださった姉妹シスターは
確か、アイルランド出身だったように覚えている。
当時、私に英語とアイルランドへの好奇心がもっとあれば
色々なお話も伺えただろうに・・・


f0077807_16532249.jpg

     山吹の花がひとつ・・・
[PR]
by roman-tan | 2008-08-24 16:57 | 映画とか・・

阿片王

ゆっくりとした時間が取りにくくて
読み終えるのに随分と時間がかかってしまった。
7月7日が盧溝橋事件の日だということで、読後感想もちょっと高揚気味
阿片の流通ルートやお金の流れが、ちょっと不充分かなという気もするけど
すごく面白いノンフィクションだった。

f0077807_21411444.jpg

アヘンを制するものは支那を制す。中国人民の尊厳と国力を奪うアヘン密売の総元締めとして、その莫大な闇利権を一手に差配し、関東軍から中国国民党までの信を得た怪傑・里見甫(さとみ・はじめ)。
阿片で得た巨額の金に群がった軍人、政治家
A級戦犯になりながら、司法取引で釈放され
戦後はひっそりと暮らした私利私欲のない阿片王

映画の「ラスト・エンペラー」くらいでしか満州のことは知らないけど
軍の厳格さと、退廃さが同居する奇妙な印象の満州
その原因が阿片なのかもしれない。

「日本の高度成長がなぜ可能だったか」、その答えが「満州」にあるという。
アジアで最初に水洗トイレ、集合住宅を作った街
戦後の都市計画の原型は満州にあった。
阿片資金が日本軍のみならず、蒋介石も支えていた・・・

登場人物というよりは、そんな人物を作ったというか、必要とした時代
里見甫の言葉が印象的
「人は組織をつくるが、組織は人を作らない」
[PR]
by roman-tan | 2008-07-09 22:10 | 映画とか・・

MAXSIM(マキシム)

4月に来日したクロアチア出身のMAXSIM(マキシム)
聞きにはいけなかったけど・・・いつか・・

クロアチア戦争時下、地下室でピアノを練習したという話だけですごい。
サッカーでよく出てくるクロアチアは旧ユーゴスラビア
チトー大統領が多民族国家ユーゴスラビアをうまく治めていたが
1980年のチトー死後、各民族の不満が噴出し、内戦。


ハンガリーを含めたこの地域は、歴史的の中で国境が変化しているらしい。
何ヶ月間か一緒に仕事をした人
ずっとドイツに住んで、ドイツの会社で働いていて
本人はユーゴスラビア人だといっているのに
パスポートはハンガリー人という人がいた。
説明してもらったけど、とてもややこしくて・・・
民族と国、この構図はなかなか難しい。
本人はドイツ人になるつもりらしかった。


こんな雨の夜には
Rhapsody on a Theme of Paganini
Somewhere in Time
Original of Flight of the Bumble Bee
Croatian Rhapsody


f0077807_19383185.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-06-22 19:39 | 映画とか・・