アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

カテゴリ:公共交通( 99 )

点字ブロック

最近自転車によく乗るから、気になって仕方がない。

点字ブロックは本当に世の中に必要なのか、疑問に思う。
もちろん盲学校内だったら、点字ブロックはとても有効なものだと思うが
一般道路上(歩道)に必要なのだろうか。
あの点字ブロックは
車いすや歩行器を押す高齢者
杖をついて歩く方、ベビーカー
ショッピングセンターのカートにとってとても邪魔になるものだ。
引っかかってしまったり
高齢者が転んで骨折したという話も聞いた。

点字ブロックは視覚障害の方にためのものであるけれど
車、自転車、人で混雑する中を
全盲の方1人で外出させるのはたいへん危険である。
むしろ必ず介助人がつくべきだと思う。
便利だと思う視覚障害者数よりも
迷惑を被っている・・・
というよりは危険を感じている人数の方が多いのではないかと思う。

点字プロックは2001年にJIS規格までできたそうだ。
財団法人安全交通試験研究センターの商標でもあるという。
天下りの受け皿じゃないのと思ったり。

点字ブロックはどんどん繁殖している。


点字ブロックに見る顧客満足
[PR]
by roman-tan | 2010-09-07 22:22 | 公共交通

水上バス

こんな身近なところに水上バスがあるなんて知らなかった。

f0077807_7462924.jpg


運転席は・・・とっても素朴。

f0077807_753797.jpg


釣り客が主に利用しているらしいが、立派な公共交通。

f0077807_751967.jpg


日本で水上バス、いわゆる"sea bus", "sea taxi"と呼ばれるものは

隅田川:東京都公園協会(東京水辺ライン)、東京都観光汽船
荒川:東京都公園協会(東京水辺ライン)
東京港:東京都公園協会(東京水辺ライン)、東京都観光汽船、アーバンランチ
横浜港:ポートサービス、京浜フェリーボート
信濃川:信濃川ウォーターシャトル、マリン商事
清水港:エスパルスドリームフェリー
名古屋港
大阪港:大阪水上バス 
大川(旧淀川):大阪水上バス
神戸港 『ウィキペディア(Wikipedia)』より
観光目的も大きい。
船が大切な公共交通だと思ったのは
ベトナムのメコン川を走る小舟の数々
大きなフェリーもあるが、迷路のような川を小さな船が行き来する。

f0077807_831587.jpg


f0077807_832641.jpg


船もいいなあと、観光客気分。
料金200円、乗客2名、採算が取れるかが気になった。
[PR]
by roman-tan | 2010-04-03 08:05 | 公共交通

自転車

今では車ばかりの生活だけど、また自転車に乗ろうかと思っている。
車依存症になったのは、子供が生まれてからかもしれない。

もともと自転車をとてもよく利用していた。
日本ではもちろんのこと、アメリカでもネパールでも。
さすがにカトマンズの町では、坂道があってマウンテンバイクでないと無理だった。

私の住んでいた
カリフォルニアのデービス
という街は
自転車でとても有名だったことを思い出した。
エコロジーの街づくりとしても有名で、著名人がよく視察に来ていた。
将来を見据え、早くからのリベラル市民参加による都市計画
「住環境とコミュニティの改善計画」、「交通システムの改革」
「自治体の積極的取り組み」、「幅広い公教育活動」を掲げ取り組んだ。

エコロジーの町づくり: 米国カリフォルニア州デービス市・訪問記
全米一の自転車都市、デービス市
サイクルロード~自転車という道

大学都市として発展し、現在は人口10万を超えているが
私のいた頃は3~4万位で、夏休みになるとさらに人口が減った。
温暖な気候と平地、市内には自転車専用レーンや自転車専用道路があった。
大学構内に車は原則乗り入れ禁止、広いキャンパス内は自転車移動となる。
市内には公共交通として2階建てバスも走っていた。
他市への移動に車は必須だったけど
市内は自転車で充分生活ができた。

エネルギーに関しての意識も高く、ソーラーハウスも多かった。
コミュニティ、有機農業、リサイクルなど
当時日本ではまだ見向きもされなかったテーマに人々は取り組んでいた。
緑も多く静かで快適、今考えると理想的な街だった。

車社会で自転車を in ロサンゼルス(4) NPOが自転車交通を推進する
ロサンゼルスでも自転車交通推進がおこなわれているらしい。
ただっ広いLAでは実際どうなるのだろうと思う。
世の中は脱車社会に向かっている?

f0077807_19541844.jpg


ウォーキングのほうが体のためにはいいのだろうか。
でもこれから自転車が楽しい季節になる。
[PR]
by roman-tan | 2010-03-28 19:59 | 公共交通

第2東名

午前中は雨が降っていたけど、暖かな一日となった。
今日は遠くまでマヤの散歩に出かけた。

f0077807_1946443.jpg


f0077807_19471483.jpg


新しい道をとても嫌がるマヤだけど、山をどんどん登っていった。

f0077807_19482065.jpg


第2東名までたどり着いた。
こんな所を通っていたんだ。
このおかげで、ちょっとした雨でも平野部の被害は大きくなったし
下野してくる動物たちが増えたのではないかと考えている。
第2東名より、車線数を増やしてほしいバイパス。

f0077807_19485796.jpg


まだ舗装はされていないみたいだ。
第2東名はいったいいつ開通するのだろうか。

開通予定

あと2年位で静岡県内は開通だという。
これも無料になるのだろうか。
新東名高速道路の進捗状況
東名高速道路利用のOD交通量の変化

f0077807_20324337.jpg


面白いと思った東名を通る
富士市街地・富士川地域間公共交通導入実証試験「Cバス」というのもある。
東名と公共バスという意外な発想。
でも富士川楽座まで周辺の人はどうやって行くのだろうか、周辺バスないのに。
パークアンドライドはいいけど、楽座に駐車していいのだろうか。
このルート使う人いるのだろうか、ちょっと不思議。
バス網はJRを中心に考えていく方がいいと思うけど・・・。
[PR]
by roman-tan | 2009-11-14 20:25 | 公共交通

岳南鉄道

雨もあがり、お天気もよくなってきたので電車を使うことにした。
岳南鉄道終点駅から商店街までの区間。
JR駅までの公共交通である岳南鉄道を利用することは殆どない。
1時間に2本、運賃も意外に高い。
でも、土日のフリーチケットを買うと乗り放題で400円。
「往復600円になるのでお得ですよ」と、親切な車掌さんがおしえてくれた。
しばらくは乗客一人きりの貸しきり状態だった。

工場の間をくぐって走っていく電車の車窓は
決して美しいとはいえないけれど、変わっていてなかなか面白い。
青空の中、電車を運転するのは気分がいいだろうなと、運転士さんがちょっとうらやましかった。
乗客は、いちばん多い時で私をを含め6人だった。
こんなに空いている電車、他にはないかもしれない。
本を読んだり、眠ったり、ぼんやりするのに公共交通はいい乗り物だけど
地方ではどうしても車社会となる。
意識してみないとわからない公共交通機関の存在。


f0077807_2013347.jpg



電車から見た終点駅の姿はちょっと痛々しい。
ホームのお花はきれいだったけど、駅舎はちょっと・・・。
駅利用者も少ないけれど、せめてペンキでも塗ってきれいにしてねと思う。
この駅近くには、来年4月に大型店Maxvaluもオープンする。
もしかしたら、電車利用者も増えるかもしれないし
それに遠い将来、(ピンとこないけど)線路を使ってこの駅までDMVが走る予定もある。
辺りはちょっと賑やかになりそうな気配。
[PR]
by roman-tan | 2009-10-03 20:35 | 公共交通

電気自動車

電気自動車、ほしいなあって思う。

効果ガス削減には電気自動車がカギ=ゴーンCEO(2009年9月25日)
[ニューヨーク 24日 ロイター] 仏ルノーと日産自動車の最高経営責任者(CEO)であるカルロス・ゴーン氏は24日、自動車が普及しつつあり、かつ温室効果ガスの排出削減を目指さなくてはならない国にとっては、電気自動車のような「ゼロエミッション車」が非常に重要だとの考えを示した。
 日産は自動車業界でも電気自動車に特に力を入れているメーカーの1つ。8月に公開した電気自動車「リーフ」は2012年に量販化を計画している。
 クリントン元米大統領が主催する年次会議、クリントン・グローバル・イニシアチブのパネルディスカッションに参加したゴーンCEOは、バッテリー技術が進んだことで、現在の電気自動車のコスト効率はガソリン車と変わらなくなっていると指摘。「モビリティを保つためには、ゼロエミッションに行かざるを得ない。唯一の疑問は、すでにわれわれが準備できているのか、今より優れた技術かつ安い値段を手にするのにもう5年待つべきかだ。われわれは今がその時期だと思っている」と語った。
 また、電気自動車を本格普及させるのに大規模な公共投資は必要ないとの見方を示した上で、規格標準化に関しては官民の協力が必要だと述べた。

「11年後に二酸化炭素(CO2)の温室効果ガスを25%削減」という公約
電気自動車は大きな役割を果たすのだろうか。

電気自動車って、大雨など水対策は万全なんだろうか。
乾燥地帯はいいとして
湿気が多かったり、水浸しになりやすい地区での安全性確保が気になる。
すぐ水溜りができてしまう地区に住む者にとっては心配事。
感電したり、火花パチパチってことにはならないだろうか。


先日、初めてロードサービスを利用した。
バイパスで、なぜか突然車が停まってしまった。
連休のさなか、渋滞に巻き込まれるのではないかとヒヤヒヤもので
とても心臓に悪いできごとだった。
幸い、プロはすぐやってきて、手際よく車を運んでくれた。
車って、動かないとタダのデクノボーに過ぎない。

さらにはパソコンも止まってしまって、「壊れたか・・・」と思ったけれど
これはリカバリーで回復できてひとまず安心。
データはすべてバックアップしてあったけれども
フリーソフトを利用したデータを開こうと、再度ソフトをダウンロードしようとしたら
「ソフト廃止しました」ということでがっかり、データが使えない。
家計簿だったので、みんな消えてしまった。
エクセル変換にはできるのかな・・・、私の知識では不明。

日々便利に使っているものが、突然作動しなくなると
少なからず動揺してしまう。
どれだけ依存した毎日を送っていたのかが、身にしみてわかる。
どちらも一応復活できた。

生活が便利になればなるほど
災害や事故等でそれを失った時の喪失感とパニックは大きい。
その大きさを想像するだけで怖くなる。
それなのに、さらに便利なものを求めてしまう欲望は果てしない。


f0077807_2034381.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-09-25 20:39 | 公共交通

さわやかウォーキング

先日、公共交通の接続が極めて悪いJRの駅から
人がわんさか降りてきて、行列をつくってゾロゾロ田んぼ道を歩いていた。
かなり無表情で黙々と歩く人の列
いったい何事が起きたのか最初はわからなかった。

そういえば、駅に貼ってあったさわやかウォーキングの当日だった。
私が知る限り、この駅にこんなに人が降りたのは見たことがなかった。
この駅に辿り着くには、自転車か車以外にないといっていいJR駅
どうでもいいバス路線を走る空っぽの大型バスが時々立ち寄る。
駅前ロータリーで迎えを待つ自家用車に威張り腐っていて、不愉快なバス。
公共交通がなくて不便だ、という声をよそに
不便だからこそ、JR東海は立派にご商売をしている。
あっぱれな会社だと、心から感心した。

財務状況
輸送の推移

この不況下、ガソリンも安い中で、この公共交通の上向き実績
輸送旅客数も増加している。
経営が素晴しいということになるのだろうか。

私もフラフラ歩くのが好きだけど
ああやって集団で歩くのはどうも苦手だ。
のどかな田園風景がすっ飛んだ。
参加するとお土産つきだろうか、あの集客力。
ルートだけは参考にさせてもらおうかな。

f0077807_18101027.jpg

ムカデを食べてるカエル

[PR]
by roman-tan | 2009-04-26 18:15 | 公共交通

モノレール

たまたま見つけたモノレールの話
1820年頃、イギリスのヘンリー・パルマが発明した
世界初の風力利用のモノレールだそうだ。

f0077807_18492987.jpg


日本最初のモノレールは、1951年豊島園の遊具施設ということだ。
現在、国内11地域、13路線、総延長113㎞が稼働中で
1日当たりの輸送人員の最も多いのは
羽田空港とむすぶ東京モノレールの13.1万人
多摩都市モノレールの10.6万人
大阪都市モノレールの8.8万人
犬山モンキーパーク(2008年12月28日)や広島スカイレールは600~700人

社団法人モノレール協会というのがあって、モノレールのことが面白い。
モノレールや路面電車というのは、なぜかすごく乗りたい気分になる。
都市の公共交通の中でも、よく路面電車がいいとか、モノレールがいいとか
話題にでているけれど、実現化の話はあまり聞いたことがない。

都市モノレールの役割(コストと輸送力)
都市モノレールは、輸送需要、輸送距離との関係において、中量の輸送需要と中距離の輸送に適している。
 モノレールの輸送力は、大型モノレールか小型モノレールか、或いは運行間隔をどのように設定するかによって異なるが、おおむね、1時間片方向の輸送力は2,000人から33,000人程度となる。
 小型モノレールを4両編成で運行した場合、運行間隔10分の場合、1時間当たり1方向の輸送力は2,000人、運行間隔2分半の場合7,000人となる。この輸送力は、大型モノレールの輸送力の約半分、LRTの1.6倍、バスの約4倍である。
 事業費の面での優位性は地下鉄に比べ1/3の事業費で導入可能でる。

こういう社団法人、公益法人制度改革でどうなるんだろう。
モノレールもそれほど盛り上がっているわけでもないし
公益法人でいる必要性もあまり感じないし(民間の会社でできそうだし)
何やっているのかわかりにくいし・・・
でも、ちょっと古臭くてモノレールのことがよくわかるこのサイトは面白いと思った。
[PR]
by roman-tan | 2009-01-27 19:16 | 公共交通

路面電車

米国で最も「歩ける」都市はサンフランシスコ=調査 | Excite エキサイト
[ニューヨーク 16日 ロイター] 米ウェブサイトのウォークスコア・ドットコム(Walkscore.com)が行った調査で、全米で最も歩ける都市に、サンフランシスコが選ばれた。2位はニューヨーク、3位にはボストンが入った。同調査は、同サイトが「自動車なしでの生活のしやすさ」という観点から、国内の都市を「ウォーク・スコア」という独自のポイントを使って評価し、結果を17日に発表した。
確かにサンフランシスコ内は歩いて楽しい街だと思った。
特にケーブルカー(路面電車)は便利で、観光にもいい。
坂道を走るケーブルカーは、真っ青な海に向かってとてもいい気分になる。
路面電車が公共交通として活躍しているいい例だと思う。
サンフランシスコまでは車で行くしかないけど・・・
駐車して、街の移動は路面電車か歩く。
見るべきものやお店も多いから、楽しくもあるのだけれど。

路面電車を公共交通にと、ヨーロッパの事例と共によく話にでる。
国内でも、富山市のライトレールの例などはまちづくりとセットになっている。


「ガソリンが高くなって、郊外型の大型店よりも歩いていけるお店が・・・・」なんて
車無しでは暮らせない地方にも、そんな話が聞こえてくるが
あいかわらずどこも車は多い。

f0077807_2264928.jpg

                 バッタ
[PR]
by roman-tan | 2008-07-17 22:11 | 公共交通

JRの連絡先

            大雨の後は晴れ上がり、青空と風がとてもさわやか

f0077807_20562067.jpg


            思わず踏んでしまいそう。
            歩道の上で、ハトが何羽か休息中(?)

f0077807_20583713.jpg


            ムクドリが、庭のグミを食べにやってくる。

f0077807_2103244.jpg


            ユスラウメには手を出さない(おいしくないのだろうか)。

f0077807_214515.jpg


大雨で、今朝はいつものごとく、いつもの道路が浸水していた。
雨のせいかわからないが、JRの小さな踏切が壊れて上がらなくなった。

電話によるJRの連絡先は
時間外だと直接応対はできず、テープしかない。
緊急なのに・・・
便利な世の中で、とても不便を感じた。

大雨の中、しかも朝、こういう時はいっそ110番した方がいいのだろうか。
長い車の列ができた。
[PR]
by roman-tan | 2008-05-20 21:20 | 公共交通