アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2006年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

アンケートの盲点

毎週一回、ダウン症の6年生がわが家にやってくる。
7年目になるが、言葉によるコミュニケーションほとんど取れない。
でも、私たちは仲良しだし、何となく意思の疎通はできる。

知的障害者は、普通に生活できることを目標に訓練する。
当たり前の日常生活が、一人でできるようにと親は心から願う。
「バスで目的地に行くことができる」
「買い物ができる」
「身の周りのことができる」など・・・

それらを身につけるために、とても長い時間と周りの努力が必要だ。
そして、一旦習慣が身につくと
それを繰り返すことで、本人は安心と充実感、自信を得ていく。
だから習慣を急に変えることは、とんでもない大ごとになる。

社会実験の新しいバス路線
授産所に通う人がバスを使えなくなった、という話を昨日のヒアリングで聞いた。
「自分で通う」ということ
「バスを使う」ということを
いちばん大切に思っていた人かもしれない。
2回行われたアンケート、受ける機会はあっただろうか。

代替案が持てる人はまだいい。
他の選択がない、バスを本当に必要としている人の声、アンケートでは盲点だった。
その盲点を補うためのヒアリングといえる。
色々な手段を組み合わせていかないと、なかなかホントはわからない。
しかし、正しい情報がそろったところで、また判断にも苦しむ。

公共交通に分類されたバス
公共性と福祉的要素
どちらを優先するのだろうか。
重なる部分は確かにあるけれど、重ならない部分もある。
臨機応変に連携して、対応できないものだろうか。
縦割り行政で取り組むには、もう限界だと感じる。
[PR]
by roman-tan | 2006-06-30 15:50 | 公共交通

ヒアリング

コミュニティバスについてのヒアリング調査が始まった。
医療機関の待合室でおこなう。
待合室はいつもより空いていたので
余裕を持ってお話を伺うことができた。
人生の後半を静かに過ごす方々とのお話は、ゆったりと限りがない。

タクシーでやってくる人
家族の送り迎え
福祉送迎バス
自転車
徒歩・・・

必要に迫られ、それぞれが手段を見つけて病院にやってくる。
公共交通がなくとも、それに替わる何らかの手段はあるのだ。
ヒアリングをしていて、公共の移動手段がそれほど必要なのか疑問になる。
多額の税金を投入するバスは、ガラガラに空いている。

発展途上国で、人で溢れんばかりのバスを見ると
バスの公共性、有益性はきわめて高く
まるで街を行き交う生き物のようでもある。
貧しければ貧しいほど、バスは混む。

一戸当たりの自家用車所有数が2台以上の街で
公共交通の将来を考えることは
豊かな想像力と忍耐力がないと、かなり難しい。


一人暮らしの自転車愛用のおじいさんが最後にひと言
  「羽があればねえ・・・」
[PR]
by roman-tan | 2006-06-29 19:53 | 公共交通

社会実験の評価

コミュニティバス社会実験の質的評価がはじまる。
NPOが、「市民視点の質的評価をおこなう」
文字にすると、すごいことになる。
実際はアンケート、ヒアリング、ワークショップなどが主な作業となる。

評価は、量的・質的の両面から行う必要がある。
ただ、最終評価にそれぞれがどのような割合で取入れられるかは
今もって、きっと最後まで曖昧なままだろう。
評価の基準というものは、最初に明確にすべきだと思うが
社会実験と呼ばれるもの、どうなっているのかよくわからない。
結局は、絶対数値〈例えば利用者数)が優位に立つのだろうか。

そんな傾向に対し、さまざまな結果分析にどれだけ客観性を持たせられるのか
地域の勢い形成を、どれだけ上手に仕向けることができるのか
こんなことで、太刀打ちしていくしかないだろうか。


色々な場面で、正しいEvaluation〈評価)はとても大切なのに
その方法や基準が曖昧なこと、とても多いような気がする。
もちろん個人的なことは、選択の自由であり、他人が評価することではない。
しかし、公共性の高いことに対しては
もっとオープンに、誰もが納得でき、参加できる評価の仕組みが必要だと思う。
[PR]
by roman-tan | 2006-06-28 20:33 | 公共交通

ヤマモモ

瀕死のヤマモモの木を植えて3年目
赤い小さな実をつけた。
山桃っていうくらいだから、「桃」みたいな果実を想像していたが
野いちごみたいだ。
種が大きくて、甘酸っぱい。
ジャムやお酒にするらしい。
f0077807_15245415.jpg

鳥に見つからないうちに、こっそり食べてしまわないと・・・

狩猟・収集で生活が成りたたなくなったから
ヒトは農耕生活を始めたともいわれる。
こんなに美味しいものが野生にいっぱいあったら
わざわざ重労働の農業をしないだろうか。

お金で食べ物が買えなくなったら
みんな農業を始めるかもしれない。
[PR]
by roman-tan | 2006-06-27 15:56 | 庭の植物

地域コミュニティ(No.2)

町内会を中心とした地域コミュニティは
シニアの、半ばボランティア活動により成り立つ。
相互扶助と相互監視
戦時中は、別の意味でお国のためになったのだろう。
しかし、現在
地方都市では、そんな積極的な自治組織は存在しにくい。
存在維持のための、消極的な組織と化している。

地域で子育てを・・・
地域で安全を・・・
地域の活性化を・・・
「地域」という言葉がよく登場し、重宝がられるが
現実に機能できる「地域」が、どれだけあるのか疑わしい。
それよりも、対価を支払ってでも確実なものを得ようとする人も多い。

古き良き時代の地域コミュニティは、伝説に近い。
それに替わるコミュニティとして、NPOなどがあると思うのだけれど・・・

地域をその気にさせて、NPOと一緒にという事業に取り組んでいるが
先を見越して、積極的に行動できる地域のリーダーがいなくては無理な話だ。
よそ者の私に、いったい何ができるというのだろう。
同じことを、ネパールの村でも感じたことがあった。
でも、あの時と何かが違う。

そう、ここではお金があれば個人で何でもできるということ。
[PR]
by roman-tan | 2006-06-26 15:52 | 公共交通

ワールドカップの裏話

ワールドカップ、全然見なかった。
あまりテレビを見ないので、世の中の盛り上がりが伝わってこなかったのだと思う。
一生懸命に応援する人から見たら、非国民だろうな。

「クロアチアって、どんなことだろう」
「ブラジルのサッカーは見たいな」
「ベッカムは素敵だな・・・」くらいは思ってたけど。

へそ曲がりなので、こんな裏話の方に興味は湧く。
W杯のマル激的考察
ゲスト:田崎健太氏
(ノンフィクションライター)


FIFAがGMよりも大きな経済体ということなら
オリンピックと同じく、お金にまつわる話は驚くことでもない。
だからこそ、貧困からのハングリー精神が素晴らしい選手を生む。
ブラジルのように選手の層も厚くなる。

理屈じゃなくて”身ひとつ”で勝負する。
スポーツの魅力はそこにある。
”ヒトそのものの力”を感じる。
お金が周りでいくらうごめいたところで、そこはまだ聖域だ。


ただ
オリンピックの「槍投げ」とか「砲丸投げ」
何で、現在もなお競うのかよくわからない(おかしくもあるけど)。
力もち」を競う、原点なのかな。
[PR]
by roman-tan | 2006-06-25 07:57 | 発見

革命の先頭は女性?

面白い記事を見つけた。
女の直感が男社会を覆す
Innovation Champions

21世紀に伸びる職業ー医者と医療サービス従事者、教師、コンサルタント、エコノミスト、アナリスト、プロデューサー、クリエーター、小売業、弁護士、会計士、財団経営者。。。は、女性が占める
これは、アメリカのお話
日本ではなぜそういう女性が現れないのか(少ないということ)。

私の周りでも、仕事バリバリ女性は
独身か、子供がいないケースが殆んどだ。
それか、公務員か自営に限る。
それは、環境が整っているというよりは、選択の自由が利くケースだ。
出産してすぐ職場に戻りたい人
しばらくは子育てを楽しみんでから仕事に戻りたい人
両方を適度にしたい人・・・・人さまざま。

誕生 ⇒ ハイハイ ⇒ 2本足で歩く
育児は、人間の進化をつぶさに観察できる貴重な毎日だ。
片手間にはできない。

最近思うことは
自分に心地よい環境は、人をあてにせず自分で作っていこうということ。
[PR]
by roman-tan | 2006-06-24 07:14 | 発見

私の夢

小さい頃は、獣医になってアフリカに住みたいと思ってた。
でも、手術に耐えれそうにないので・・・あきらめた。
それから、具体的な夢を持つことは長い間なかった。
結婚したいとか、暖かい家庭を持つとか、そんな夢を持つべき年齢になっても
あまり、興味もなかった。
結果的に、普通の生活をしているけれど。

そんな中で、ひとつだけ思っていたことは
子どもを連れて海外で仕事をして暮らすこと(夫はいれば、それもいいけど)だった。
ザンビア日記を読んで、カトマンズでの懐かしい生活を思いだした。

かわいい盛り2歳の娘は赤痢、腸チフスにもなる。
水・電気の中断され、日常生活の維持に時間と神経を費やした。
しかし
娘を通じてのつき合い
夫の仕事のスタッフとして
私の大学や活動を通じての友人
毎日が刺激的だった。
異文化での生活は、本当に貴重な体験だった。
物質主義のアメリカ生活後だったので
そのギャップもすごかった。

世界は広い。
そろそろ、またどこかへ行きたくなる。
[PR]
by roman-tan | 2006-06-23 08:16 | 発見

梅酒

4年前の梅酒をあけてみた。
漬け込んだ梅がすごい。
焼酎をいっぱい含んだ梅を口にすると
お酒を食べてるって感じで、だんだん人格が変わってくる。

何でもお酒にしてしまう知人がいる。
いい香りを詰め込んだ金木犀のお酒
へびイチゴのお酒(これは下痢にいいらしい)
薔薇のお酒(香りが一番いい)
アロエ酒、これは私が漬けた(胃腸にいい)。

梅干はコレラ予防にいいそうだ。
昔は、薬で貴重だったともいわれる。
子どもの頃、夏休みの梅の天日干しは、お手伝いのひとつだった。
そのせいもあってか、梅干しは懐かしくて愛おしい。

今年は60キロの梅を収穫し
55キロを梅干に漬けた。
梅酒の方が簡単でいいのだけれど
あまり飲めなくて、殆んどが梅干しとなった。
出来上がるまでの過程を考えると
ちょっと・・・気が重くなる。
[PR]
by roman-tan | 2006-06-22 20:21 | 庭の植物
昨日のブログで知った非営利グループ「PCM Tokyo グループ」
PCMについては、ネットで探したこともあったが知らなかった。

まちづくりのNPO法人で政策提言をしていて
PCM手法を本格的に使いたいと思っていたし
それに、AHPで科学的根拠をつけられればと考えていた。
だから、本当に偶然コメントをいただいてうれしかった。

PCM手法を取り入れたいことは、これまでも周りにも言ってきた。
しかし、私の説明が悪いのか、馴染みが薄いのか
反応はいつも鈍く、このNPO法人とは別にやろうかと考え始めていた。

NPO法人として講師をお呼びして
講習会が開けるように、もう一度前向きに考えよう。
ただ、援助関係では当たり前の考え方だけど
地方都市のNPO法人に浸透させるには
かなりの工夫が必要に思う。

まずは、頭の固いおじ様軍団の説得に取り掛からなくては・・・
[PR]
by roman-tan | 2006-06-21 12:44 | NPO法人