アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2006年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

大晦日

2006年の大晦日に考えたこと。

昨日の突然のフセイン処刑には驚いた。
イラク高官「正義実行」 恐怖支配24年に幕
ここにはあえて紹介しないけど
アルジャジーラが携帯電話か何かで撮影した
処刑の最後までの動画映像を見てしまった。
海外のWikipediaには処刑後の画像もある。
どちらもかなり刺激的な映像だ。
新たな憎しみの連鎖、生まれないことを願う。
なるほどと思った記事は、アッラー・アクバルと「凡庸なる善」(FACTAonline)
ホロコーストの実行者アイヒマンが残した言葉
「一人の死は悲劇だが、数百人の死は統計でしかない」

先日クリスマスに執行された、日本での死刑執行を思い出した。
死刑執行:4人に 安倍政権で初 1年3カ月ぶり
9月末に就任してからまだ日の浅い長勢甚遠法相が25日、一度に4人もの死刑執行を命じたことは、毎年執行の実績を積み重ねることで、死刑制度の維持を確かなものにしたい法務省の強い意向を反映している。杉浦正健前法相が死刑執行命令書への署名を拒否したまま退任したことから、同省としては今月の執行を逃せば14年ぶりに「死刑執行なし」になるという事情があった。

死刑は人の命を奪う究極の刑罰であり、執行が適正に行われているか国民が判断するためには、もっと積極的な情報公開が求められる。死刑囚が拘置所でどのように処遇されているかも不透明な部分が多い。09年に裁判員制度が始まれば、国民から選ばれた裁判員が死刑を選択するという重い判断を迫られる場面も出てくる。死刑制度の在り方についてもっとオープンな論議が求められている。 (毎日新聞 2006年12月25日)
高齢者ばかり、何故こんな年末に
しかも死刑確定から執行までの不思議な時間経過
もちろん極刑を望む被害者の感情は理解できるけれど
死刑制度
法律が国家による殺人を認めてしまうことに、私はとても抵抗がある。

そういえば、今年の漢字は「命」だった。
[PR]
by roman-tan | 2006-12-31 22:07 | 発見

おせち料理

やっと、2日かけてのおせち料理の準備が終わった。
食べないから、なんだこうだと言いながら
結局ほとんど作ることになる、もちろん母とだけど。

なかでも黒豆は大好きで、母のとは別に自分でもこっそり作ってみた。
f0077807_19315438.jpg丹波篠山の黒豆じゃなくては、ということで
f0077807_19244741.jpg
今年は、初めて伊達巻に挑戦した。
すご~くおいしくて、お正月前になくなりそう〈追加しようかな)。
f0077807_1911929.jpg

娘が
「私の焼いたパンも載せて」というので
小さくおまけ
f0077807_19374441.jpg








お正月といっても
子供の頃のような感慨はあまりないけれど・・・
あと一日、何かし忘れていることないかな。
そうだ、謝るのとお礼を言い忘れてた人がいる。
[PR]
by roman-tan | 2006-12-30 20:01 | 発見

まちの駅

市内を走っているとよく「まちの駅」の旗を見かける。
何のことだろうかと聞いてみたら
「トイレがある所」とおしえてくれる人がいた。
トイレだけならコンビにでも間に合うし
まさかトイレのための旗でもないでしょうにと、調べてみると
まちのお休みどころ、まちの案内処、まちの交流拠点
・買い物や旅先でちょっと休みたいなというときに座ったりトイレに寄れる。
・観光パンフレットを見たり、旬の見どころなど生の情報を聞くことができる。
・まちの駅の案内人(施設のスタッフ)から生の情報を聞いたり、お店ならその専門分野についてのお話しが聞ける。
市内に40箇所あるという。
・ 市民サイドからの対面型のおもてなし
・ 商店の売上増や施設の利用者増、新たなまちづくり活動
・ 農林業をはじめとする 地域産業の高付加価値化の促進、地産地消の促進
残念ながら利用したことないので、実際どんなものかよくわからない。
イベントには、いいかもしれないけど
人気(ひとけ)をあまり感じない『駅』だ。
いつか、出かけてみよう!

市の「観光交流まちづくり計画」
パンフレットいっぱいの盛りだくさん計画があるけど
この街の「観光」はピンと来ない〈お祭りやイベントによる集客は別として)。
商店街や住宅街のすぐそばに、白い煙をもうもうと吐く煙突
今でもとても違和感を感じる。
工場が先にできたんだろうか、都市計画はどうなってたんだろうか。
ずっと住んでいると、慣れてしまう光景かもしれないが
この景観は尋常ではない。

これは、行政の不思議な○○計画のひとつだ。
[PR]
by roman-tan | 2006-12-28 21:00 | 発見

忘年会

昨夜はNPOの忘年会だった。
NPOだけでなく関係者も加わっていたので
知らない人も何人かいて、けっこうな人数で
すごく久しぶりに、宴会みたいな席だった。

すっ飛びそうに驚いたのは
おじさまたちばかりの宴会の締めは、万歳三唱だった!
万歳というのは、選挙の当選者がするものばかりだと思っていたから
目が点になりそうだった(もちろん、私にはできなかったけど)
帰ろうとしたら、別のお客様たちのカラオケも始まっていた。

私はカラオケボックスという所にいったことがない。
人前で歌うことなど、恥ずかしくて考えられない。
お酒は嫌いじゃないし、パーティも好きだけど
歌うのも、万歳もいけない。

あれ~、この人いつもと違うじゃんという
『この人、いつもと違うのはどこでしょう探し』はけっこう面白いけど。

無口なお方が、サヨナラの握手とは
あなたいつからアメリカン?
[PR]
by roman-tan | 2006-12-27 17:43 | NPO法人

公共交通とまちづくり

市が掲げるこのスローガン公共交通とまちづくり
無理があるよなといつも思う。

先日、ある商店街でお買い物をして
帰りにもう一つの商店街を通って帰った(もちろん車で)。
イベントによる集客はあったけれど
悲しいかな、多くのお店のシャッターは降りていた。
商店街を行き交う循環バスにも
乗車客は平均3人くらいだっただろうか。

もう一つの商店街の方が、お店は開いていたけれど
歩いている買い物客は少なかった。
比較してもしょうがないのだけれど
年末の日曜日
多くの人は、新しい商業エリアに車でお出かけのようだ。

コンパクトシティの構想は理解できるけど
増発した循環バスが貢献できるとは、ちょっと思えなかった。
バスを利用する人や商店街でお買い物をする人は、やはり高齢者が多い。
バス利用者は固定客だし、今は増やすよりは守る方が大切だと思う。
スローガンを作った人たちも、きっと買い物には来ていないだろう。
動く公共施設というよりは福祉施設に近いような気もした。


10月の道路運送法の改正によって
IT活用のデマンド型乗合タクシーが「4条許可」されることになった。
(路線バスと同じ扱い)
これまでは、路線バス廃止等による代替手段として「21条許可」されていた。
つまり、デマンド型タクシーの社会的位置づけが格段に高まったのだ。
そこに交通協議会の役割も大きく加わる。

デマンド型タクシーのさきがけとなった おだかeまちタクシー
高齢者対象のヒアリング調査をおこない
車を運転できないおばあちゃんたちが地元の商店・商店街へ一番強い支持と愛着を持っているにもかかわらず、街中へのアクセスにたいへん困っていたことがわかった。
困っているおばあちゃんたちの“足”を確保することは、地元商業者の大切な役割だと、商工会が頑張った。その結果、官・民の積極的な協力関係を築くPPP(Public & Private Partnership)の先駆的な成功事例として注目されるようになった。

みんな頑張っている努力、思い入れはとても立派だけど
それが報われていないみたいで寂しい。
色々なことが、うまく噛み合っていないようにみえた。
流行のスローガンばかりがひとり歩きしている。
[PR]
by roman-tan | 2006-12-25 17:19 | 公共交通
先日、NPO設立相談の勉強会があった。
NPO関連の法律には気をつけていたが、ちょっと見落としていた。

NPO解散時の公告義務化

2005年7月制定、2006年5月1日に施行された「会社法」
会社法の施行に伴い民法も一部改正された。
①法人が解散した場合
②解散した法人が破産手続開始の申立を行った場合、「官報に掲載」が必要である。

民法の改正部分は特定非営利活動促進法(NPO法)でも準用されるため
特定非営利活動法人(NPO法人)が
①解散した場合
②解散した法人が破産手続開始の申立を行った場合
「官報に掲載して公告する」ことが必要(民法第79条に第4項、第81条に第4項として追加)


定款で解散時の官報公告を定めていない既存NPO法人は
定款変更の必要はない。しかし
NPO法人が定款でHP、日刊新聞紙など官報以外の公告方法を規定している場合は
それらに加え、官報掲載して公告する義務がある。

既存NPO法人が、定款の公告方法を官報掲載に変更する場合は
NPO法第25条第3項に規定する軽微な事項の定款変更として
定款変更届出書を所轄庁に提出すれだけでよく、定款変更の認証は不必要だ。
(定款変更の認証には、縦覧が必要なため2ヶ月くらいかかってしまう)

官報について
官報は、法律・政令・条約等の公布など国の諸報告や資料を公表する
「国の広報紙」・「国民の公告紙」として各種の公告を掲載している。

官報は明治16年(1883年)に太政官文書局で発行開始
その後、内閣官報局→内閣印刷局→大蔵省印刷局→財務省印刷局を経て
平成15年4月からは独立行政法人国立印刷局が行う。

行政機関の休日を除いて毎日発行される。

官報は全国主要都市の「政府刊行物サービス・センター」や
県庁所在地の「官報販売所」で販売され
同時に印刷局や官報販売所の掲示板に掲示される。
過去1週間の官報はインターネットのサイトで閲覧可能である。

公告掲載申し込みは、全国の官報販売所または政府刊行物サ-ビスセンタ-で行う。

(株)全国法定公告総合センターによれば
掲載料は民法上の規定による「3回の公告」の場合、約9万2千円位かかる。

 
[PR]
by roman-tan | 2006-12-23 20:10 | NPO法人

クリスマスのお菓子

クリスマスのためのお菓子作り
娘はお菓子が大好きで、次から次へと・・・

アメリカで、間借りしていた最初の1年
クリスマス1週間前くらいから
プレゼント用やパーティーのために、毎晩お菓子つくりを手伝った。。
体中にバターの匂いがしみついていた。

f0077807_16423044.jpg
f0077807_16431992.jpg

                                ↑ あま~いスノボールクッキー
f0077807_16442822.jpg


パウンドケーキはプレゼントにもしちゃおう。
3本焼いて、もう1本食べつくしそう。
明日はイチゴのケーキだ!






パンもついでに焼いた。
中に残っていたクリームチーズを入れてしまった。

f0077807_16453640.jpg
この前
コンビニのマヨネーズコーンを真似てみたら
とってもおいしかった。

f0077807_16463325.jpg


最近、日本の家もイルミネーションがきれいだ。
ChristmasやThanksgiving dayは家族で祝う。
アメリカ人はフレンドリーだから、すぐ家に誘ってくれる。
最初のうちは物珍しさもあったのだが
家族の集まりはかえって寂しい思いをすることがある。
それが嫌で、寂しい日本人の友人と
霧に煙る華やかなイルミネーションの街を
二人でさまよっていた寂しくて質素なクリスマス思いだす。

12月は誕生月でもあり、思い出いっぱいの月だ。
[PR]
by roman-tan | 2006-12-23 17:26 | 発見

市民満足度調査

来年度の予算の話
もう関らないからと、いいかと思っていたのだけれど
考えると、ちょっと腹が立ってくる。

3年前の今頃、市からの委託事業で市民満足度調査を実施した。
結局設問は担当課が作成し、集計は業者に出し、私たちは考察して報告書をまとめた。
市民にはとても評判の悪い調査だったが
(一つの設問中にいくつも質問を含めてしまったり
行政はこんなことしてますよ、という宣伝みたいだったりして)
グラフや数値の結果に、行政は喜んでいた(よくわかっていないみたい!)。

これはとんでもない市民満足度調査法だと思い
まず、市民から見たまちづくりの指標を作り
それに沿った市民満足度調査をすべきだと考えた。
東海市のまちづくり指標」作成に関わった先生にもアドバイスをいただき
かなりきついやり取りがあったけれど、担当課にも理解してもらった。

ワークショップで指標を作成し、アンケートを実施するまでに至った。
公共サービスの民間・行政・NPOによる役割分担も調べた。
いちばん勤勉そうな議員さんにお会いして理解を求めたり
市長にもアンケートは手渡したし
冷たい態度のNPOもあったし、報酬もひどかったけれど
何人かで一生懸命関った。

結果、その指標は「まちづくり指標」として行政経営プランにも盛り込まれた。
にもかかわらず、3年前のわけの分からないアンケート調査
来年度、また委託事業として受けたそうだ。
あのアンケート調査は市民にはわからないし無意味だから、と全てが始まったはずなのに。
担当課が、今年異動となってしまったせいもあるのだろうか。
委託を受けてしまう事務局も、何考えてんだろうと思う。

果たして、この市民満足度アンケート調査
税金300万も出して委託させる事業だろうか。
行政がやりたいのならやればいい。
ただ、2度目の単純アンケート調査なんだから
暇そうな職員を集めて調査させた方が、無駄遣いしないですむ。

市民が満足できるまちづくりのために、まちづくり指標が必要だと思った。
行政の細かな専門的事業までは、多くの市民にはよくわからない。
わかるほどの説明が、まだ充分されているとも思えない。

NPOとして、これでいいのかと思う予算取りだ。
[PR]
by roman-tan | 2006-12-21 11:32 | NPO法人

寒い日

師走になって、やっと冬らしくなった。

f0077807_13594936.jpgこんなに冷たい朝なのに
アロエの蕾がこんなに大きくなっていた。


f0077807_1403453.jpg
スノーボールというらしい。
同じ名前のおいしいクッキー
クリスマス用に焼かなきゃ!




f0077807_1424579.jpg
名前がわからない。

    シクラメンの中は不思議
    しくみ、どうなっているんだろう。↓
  f0077807_148521.jpg








f0077807_1412367.jpg


イチゴの花
クリスマスのケーキには
ちょっと間に合いそうもない。
[PR]
by roman-tan | 2006-12-20 14:18 | 庭の植物

You Tube

You Tubeってすごい!
身近なビデオライブラリーみたいで楽しいけれど
いったい著作権とか、どうなっているんだろうか。
新しいテレビ番組、中国語の字幕までつけているのもある。


最近見つけた、面白い映像シリーズ

戦争を知らない私にとっては衝撃的な映像!
毎年12月8日が来ると、一番のニュースがこれで、嫌なものだった。
真珠湾攻撃

映画「硫黄島からの手紙」が上映中だ。
見れるのはずっと先、DVDになってからかな・・・
硫黄島の戦い

ネパールの家で働いていたネパール人のおじいさんは
「きさま」とか「こっち来い」という、軍隊言葉を話せた。
イギリスの雇われ兵として、太平洋戦争で日本軍と戦い
戦後捕虜になった時に覚えたらしい。
よく「こっち来い」と言われて・・・
「おじいちゃん、それ悪い言葉なんだよ」と苦笑い。
インパール作戦


大学の先生が話すと、なるほどと思う。
語彙力の違いだろうか。
宮台真司 澱みなき愛を語る
[PR]
by roman-tan | 2006-12-19 20:36 | 映画とか・・