アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2007年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

子供の命

Excite エキサイト : 政治ニュース
安倍首相、参院本会議で陳謝 厚労相の「産む機械」発言で (01月31日 共同通信)
柳沢厚労相が、女性を「産む機械」と発言した問題で、安倍首相は31日の参院本会議で、「多くの女性が心を痛めたことに対し、私も深くおわびを申し上げる」と述べ、陳謝した。民主党の罷免要求に対し、首相は「国民の信頼を得られるよう全身全霊を傾けて職務をまっとうしてもらいたい」と重ねてこれを拒否。その上で「国民の皆さまにあらためて深くおわびを申し上げ、ご理解をたまわりますようお願いする
傷つけたからお詫びをするとか、しないとかの問題ではない。
少子化対策のシステムを論ずべき大臣が、こんなレベルの話をすべきでない。
元官僚の大臣と、おつむの軽そうな首相
世界へ送られたこのニュース、また恥ずかしい。
未熟な安倍内閣が許した危険な官僚暴走の時代 (立花隆) nikkei BPnet


有権者にこんなこと言わせる演説を(ひと時でも)してほしい!
Hillary on Health Care
日本のような「国民皆健康保険制度」のないアメリカ
低所得者層は民間保険に加入できないから、まともな医療を受けることができない。
(ホントに医療費は高い!)
乳児死亡数は発展途上国並みの77人/日
ヒラリーは若い頃から取りくんできた
「国民皆健康保険制度(universal health coverage)」で大改革に臨む。
子供の命を救うために・・・
[PR]
by roman-tan | 2007-01-31 14:17 | 発見

調査報告書

役所って、担当が3年位で異動があるから
専門性の高い調査は、コンサルヘ外注に出している。
その報告書は図書館などでも見れないし(基本計画などはあるけど)
どんなものが存在するのかもわからないし、HPでも見れない。
数百万円も出して作ってもらう貴重な調査報告書
何で市民が気軽に見れないんだろうと(税金でしょ)、とても不思議に思ってきた。
審議会の類も、内容をHPで公開すべきだと思うけど(同じ理由で)。

ちょっと勇気を出して、お願いしてみた。
なんだ、意外と気安く見せてくれるでないか。
2つのコンサルが扱った公共交通関係の報告書
公共交通網検討調査業務報告書(平成15年度)
公共交通網検討調査業務報告書(平成16年度)
DMV導入検討調査業務委託報告書概要版(平成17年度)


なかなか興味深い。
これを書いた人にも、また行政にも聞きたいことは出てくるけど・・・
それと報告書を読んでいて、そして自分も関ってきて強く感じることは
課題とか、市民の意見とか、提言とかは
あまり重要視されてはいないのだと。
誰かの恣意的方針が優先という印象だ。

この不満、いったいだれに訴えようか。
[PR]
by roman-tan | 2007-01-30 20:46 | 公共交通

地域力と公共性

「公共性の現在」という討論会をのぞいてみた。登壇者は
杉田敦(政治学者)
宮崎哲弥(評論家)
宮台真司(社会学者)
堀内進之介(首都大学東京大学院)
鈴木弘輝(首都大学東京大学院)
コミュニティバスを通じて地域の生活交通を考えると
「地域力の限界」と「公共性」の問題が出てくる。
この点とイベントが重なりそうなので、出かけてみた。

移動手段を市場における個人の問題として捉えてきて
その結果、高い自家用車保有率を誇る街となった。
路線バスが赤字となり、税金投与が必要なので
「公共性」が高まったが、公共交通利用への意識転換は難しい。

人の出入りの少なかった閉鎖性の高い時代・地域での愛郷心は高い。
地域では、善意と自発的に行われた「自立的相互扶助」が行われていた。
しかし、そのサービスを行政が引き受けるようになってからは
地域はマニュアル通りの「市場&行政的サービス」のネットワークに過ぎなくなった。
行政は既存の地縁組織と結びついてサービスを提供するが
地域での自立的相互扶助は乏しくなった(非自発的行為を強いられることも多い)。
よそ者も増え、人々の愛郷心は薄くなる。
「昔はよかった」などと思ってみたところで
さまざまな啓蒙活動をやってみたところで
古きよき街に戻ることはできないことは、誰もが承知している。
(エネルギー面でも江戸時代後期が一番バランスとれていたとか)

社会学者の話は現実味にちょっと欠けるので
自分の話に置き換えながら考えてみた。

言葉がいっぱいの早口の討論会を聞いて、頭はよく動いたが疲れた。
f0077807_13491381.jpg

帰りに丸の内オアゾ(OAZO)のドゥバイヨル(Dubailleul)で
(噂に聞いた)3種類のブリズー(BRIZOU)を買ってきた。
ふわっとしておいしかったけど、思ったよりずっと小さかった。
[PR]
by roman-tan | 2007-01-29 13:56 | 公共交通

ささやかな人生

「ひとりの男が人生を30秒で一気に駆け抜ける」
青木純作、デジタルアニメ『走れ!』
第1回みのおムービー大賞次世代アーティスト部門「優秀賞」受賞
第17回DoGA CGAnimation CONTEST「佳作」「会場審査特別賞」受賞
eAT'04 KANAZAWA AWARDS デジタル動画部門「特別賞」受賞
日本人ならではという感じだ。
心当たりある人、多いでしょ!
[PR]
by roman-tan | 2007-01-27 07:47 | 映画とか・・

DMVとバス(No.2)

DMVのデモ走行後、様々な議論がされている。
情報不足の中で
反対意見も多いし、どうでもいい意見も多いし、理にかなった意見もある。
DMVそのものではなく、行政の進め方、どうしても気に入らなかった。
なぜデモ走行が、あんなに急に先行したのか、ずっと疑問だった。

平成18年5月8日に、公募市民1名を含んだ第1回公共交通協議会
そこではまだ「DMV導入構想」が語られたに過ぎない。
具体的なデモ走行の話は一切無い。
議事録を一部抜粋すると

質問 :現在は2両連結タイプの車両が開発されていて
     平成18年度中の実用化という話ですが、
     この点についてもう少し詳しく説明していただきたいことと
     もう一つは、
     今現在、現時点でわかっている課題などについてお願いします。


担当課:まず、平成18年度中の実用化の話ですが
     これは開発しているのがJR北海道で
     もともとの目的が過疎地域の交通の確保ということでしたので
     実用化も北海道内で予定していると聞いております。
     次に2点目の質問ですが
     昨年度か具体的な検討を始めておりまして,課題ということですが
     まだ開発中の車両ですので
     まずは供用開始までの全体像をクリアにしようというのが
     第一の課題でして
     他にどのような課題があるのかを今確認しているところです。
     実際問題として、DMVの運行主体はどこが行うのかという問題や    
     技術的な問題についていろいろと精査している段階です。


質問: 法規制的な問題等についてはありますか。
     交通安全上の問題とかもあれば教えて欲しいのですが


当課:そのあたりについては、大変難しい問題であり
     私どもだけで検討できる問題ではありませんので
     開発者であるJR北海道と国(国土交通省)との協議の中で
     何とかクリアしてもらいたいと考えています


これが半年後、成18年11月13日の第2回公共交通協議会では
市制40周年記念DMVデモ走行について」とかなり話が具体化していた。
何事も慎重で、何をするにも時間のかかる役所にしては手回しがよすぎると思った。
地域の公共交通支援(東京交通新聞1・22)を読んでいて
な~んだそうだったのかと思った。
要約すると
冬柴鉄三国土交通相が、16日の同省地方局長(整備局・運輸局)会議で、通常国会に提出する「地域公共交通活性化・再生」法案(2月13日閣議決定予定)を支援していきたい」と。望月義夫副大臣(安全・危機管理、交通など担当)は、支援対象の一つであるDMV(デュアル・モード・ビークル=鉄道・バス一体車両)導入を地元富士市での推進意向を示した。これに対し、冬柴国交相は国としてお手伝いしていくそうな・・・。
この副大臣は県議を務めた後に国会議員となり
昨年9月26日発足した安倍内閣でみごと副大臣になったのだ。
市長も元県議だったし、この副大臣がデモ走行に一役買ったのではないだろうか。
もちろん私の憶測に過ぎないのだけれど、政治力を使ったなという印象だ。
安全確認や、市民への説明などが後回しになって
これなら10月以降、一丸となって一足飛びにDMVへということも説明がつく。

いつまで続くのかわからない、支持率降下の危ない内閣の副大臣の力
いつまで利用するつもりだろうか。
ちゃんとしたプロセスを踏まないと、市民にそっぽ向かれてしまうのに・・・
[PR]
by roman-tan | 2007-01-26 15:03 | DMV
国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が第四次報告書案で
向こう100年で地球の平均気温が最大で6.3度上昇する見通しであると発表した。
さらに、地球温暖化は人間の経済活動に由来すると明言した。

スウェーデンの温暖化対策は、現在既に基準年(1990年)比で減少
1990年以降のGDPは25%以上増加した。
環境政策と経済成長を見事に成し遂げている。
これに対し、日本は温室効果ガスを8.1%も増加、
経済成長は10%に留まる。
エネルギー対策においても、自動車のエネルギー効率はEUに追い越され
太陽光・風力などの自然エネルギーの分野も落ち込みは激しい。
日本とスウェーデンの違いは、いったいどこにあるのだろうか。

地球温暖化の影響の一つに、海水の膨張や氷河の融解による海面上昇がある。
日本でも公開中のドキュメンタリー映画「不都合な真実」がわかりやすい。
詳細はこちら(ゴアさん、副大統領の頃から応援してたけどBushに負けてしまった)
アカデミー賞にもノミネートされている。

日本では海面が1m上昇するだけで90%の砂浜が失われ
東京23区の東半分は満潮水位が1m以下になるという(日本への影響)。

もっと身近に、私の住んでる街をFlood Mapsで見てみる。
左上の「Sea level rise」の数字を変えていくと
どのくらいで自分の家が海の中へ沈むかわかる。

けっこう、恐ろしい(私の家は意外と大丈夫だけど・・・)。
地球温暖化は、けっして他人事ではない。
身近な問題解決
[PR]
by roman-tan | 2007-01-25 08:48 | 映画とか・・

ウナギの化石

私の大切な、変わったものシリーズのひとつ
ケニアのウナギの化石

f0077807_1934651.jpg


友人が結婚祝いにと
ケニアから送ってくれた。
大理石に似た
ウナギを輪切りにしたみたいな
コースター状






何でこのような割れやすいものを、わざわざ遠くから送ってくれたのか。
もしかしたら、大切な意味があるのかもしれないけど
説明もしてくれなかったから、よくわからない。

その後、お互いに住まいが移動して連絡が取れなくなってしまった。

何となく飾っておいて、それでも一つも欠けないで残っていた。
時々見るたびに、どうしているだろうか思った。
なんというか、日本社会に順応できないようなタイプの人
競争社会では生き残れない、いい友だちだった。

昨年偶然、ネットで検索中に消息がわかった。
日本で助教授におさまっていた。
結局ケニアには、ずいぶんと長く暮らしたそうだ。
普通に、幸せに暮らしていてくれて、ほっとした。

自分が、いろいろ迷ったり考えたりしていた頃の友人は
同志のような気分になる。
おまけに、よくご馳走してもらった!
[PR]
by roman-tan | 2007-01-24 20:22 | 発見

マニフェスト

“そのまんま流”で作業着姿 東国原知事が初登庁
Excite エキサイト : 政治ニュース

知名度で知事になっちゃうのかな、とか
知事の談合事件で、よっぽど宮崎県民はうんざりだったのかな
この程度の印象しかなかったのだけれど

本当の勝因は歌にあったとか、なかったとか・・・
男性3人組のヒップホップグループFUNKY MONKEY BABYSのデビュー曲
「そのまんま東へ」
おかしいけど、けっこう影響力あったのでは。

それよりもマニフェストの中に、DMVという単語が入っていたことに注目した。
高千穂地域観光の交通基盤整備として、DMVを視野に入れるということだ。
観光資源としても狙っているのだろう。
ふ~ん、いろいろだね。
[PR]
by roman-tan | 2007-01-23 17:38 | DMV

DMVとバス

資料を探していて見つけた。
市提供資料よりはわかりやすいDMVの将来検討図
これを見ると、現在の社会実験バスふじ丸との関係もよくわかる。
ふじ丸の利用状況を評価し、最善のルート・時刻表に改善して
次のステップへと考えているのだろう。

1月19日の「都市交通とまちづくりを考える」シンポジウム
役所関係者への報告的な要素が強かったことと
反対派を意識してか、DMV導入のトーンを下げた印象を受けた。
市民へのこれまでの説明は、充分とはいえない。
DMVを含めた基幹路線と、郊外から主要ポイントへのアクセス
これは現在基準作りをしていて
それぞれの地域にあった柔軟性ある交通手段導入を考えている。
けっして過疎地域を見捨てているわけでもない。
情報が不充分なために、DMVが話題の中心になり
変な感情論も先行したり、見ていてあまり気持ちがよくない。

市内の公共交通は、あくまでバスが主流であり
DMVはバスの延長もしくは進化形と、とらえる程度でいいのではないかと思う。
平成19年1月15日に開かれた交通政策審議会陸上交通分科会自動車交通部会でも
平成18年10月の道路運送法一部改正による地方バスに関する改善が説明されている。
(DMVの話は平成18年12月に開かれた平成18 年度交通政策審議会交通体系環境分科会の後半にチョコっと出てくるに過ぎない。)

改善を一部抜粋すると
コミュニティバスや乗合タクシー等の利用促進
① デマンドバスや乗合タクシーといった定期定路線以外の乗合旅客の運送についても「乗合  事業(路線バスとしての4条許可)」の許可により、サービスを提供することを可能
② 地方公共団体、地域住民等から構成される地域公共交通会議の合意がある場合には、上  限認可を不要とし、ニーズに応じた柔軟な運賃設定を可能

地方バス補助制度の18年度における改善措置
(1)全ての路線を対象にアセスメントを実施(地域協議会による評価チェック)
① 運行ルートやバス停の位置
② 運行ダイヤ
③ コミュニティバス等地域交通政策との整合性
④ 他の乗合バス路線との競合回避努力
⑤ 鉄軌道との競合回避努力
⑥ 乗合バスで維持することの経済合理性
⑦ 沿線への広報・PR努力
⑧ 沿線住民の認識・理解
(2)高額補助金交付路線(補助金額が上位5%の路線)での収支改善計画の作成義務
  事業者が地域の実情に精通している市町村と協働し、具体的な収支改善計画を作成・実行
  19年度からは、5年かけて全ての路線で収支改善計画を作成
(3)利用者、地域住民に対する情報開示
  沿線住民が補助路線であることを認識し、路線維持に向けた協力を得ることが目的

(4)生活交通再生路線に対する補助制度の創設
  補助路線から、小型のコミュニティバスによる運行等地域の実情にあい、より低廉な輸送
  サービスに転換する取り組みを支援する制度


利用されなければ何の価値もないバス
国も、市民参加を呼びかけているわけだから
まず、もっと謙虚に情報提供・説明する必要はある。
市の審議会の議事録・資料なども、HPで見れるようにすればいいのに。
[PR]
by roman-tan | 2007-01-22 12:04 | DMV

キダチアロエ

          最近、アロエの花をよく見かける。
          家のアロエも咲き出した。

f0077807_20482988.jpg
普通観賞用に栽培されるものはキダチアロエ(学名Aloe arborescens)という。「木立ち」の名の通り茎が伸びて立ち上がる。暖地では戸外でも育ち冬に赤橙色の花をつける。外葉は苦味が強いがゼリー質はアロエベラと変わらず苦味はない。ワシントン条約によって輸出入は制限されている。  
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

f0077807_20503093.jpg


冬の庭もけっこうにぎやかだ。
バラ、椿、、水仙、パンジー、桜草も咲いている。





f0077807_20595614.jpgf0077807_210167.jpgf0077807_2103559.jpg





f0077807_212122.jpg
庭の岩が気になって、そのうちいくつかの写真を撮ってみた。
かなり大きくて、けっこう立派なものがある。
岩に乗ったり、ぞんざいに扱っている。
遊ぶにはちょうどよくって・・・



         おしえていただいた重森三玲の日本庭園を見て
         ちょっと考えを変えなくては・・・と反省しきり。
[PR]
by roman-tan | 2007-01-21 21:16 | 庭の植物