アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2007年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

アフガン零年

なんて、悲しい眼をしている女の子なんだろう。
アフガン零年」の主人公
主人公を演じた少女は、戦争によって物乞いをしていた少女だという。
タリバン、イスラム教、アフガン内戦・・・
見たいと思っていた映画だったけど、とても切なくて胸が重くなる話

以前読んだ本
スーパー・モデル、ワリス・ディリーの「砂漠の女ディリーを思い出した。
ほんの少しいいことが起きるまでに、あとどのくらい待たなければならないのだろう?
こうした絶望的な状況に、まだあとどれほど耐えなければならないのだろう?
わたしは自分の行く先に、なにかいいことが待っているに違いないと信じていた。
その希望をつなぎながら、がんばってきたのだ。
なにかすばらしいチャンスが訪れることは確信していたから、毎日、自分に問いかけていた。
チャンスはいつ訪れるのだろう?
今日だろうか、明日だろうか?
どこへ行ったら、チャンスに出会えるのかしら?
なにをしたら、いいのかしら?
    ワリス・ディリー
どちらも、イスラム教の中で翻弄された女性の話
ワリス・ディリーはモデル業とともに
国連の特別大使として、女子割礼廃絶に向けた精力的な活動を行っている。

イスラム教原理は神聖なもので、部外者が判断すべきでもないだろう。
でも、現実生活での女性への規制は理解を超えて悲しすぎる。

「マルコムX」もイスラム教がらみの映画だけど
ちょっと視点が異なるし、イスラム教そのものとも少し違う。
むしろアメリカの黒人問題

カトマンズにもモスクがあって、特にカシミールからのムスリム商人がいた。
近所に住んでたエジプト人の女性は、とっても自由なイスラム教徒だった。
アジアも、インドネシアやマレーシアみたいにムスリムが多い国もあるし
個人的に、イスラム教に嫌な経験はないけれど・・・


宗教による習慣が人権を奪ってしまう場合
全て否定はできないだろうし
どのくらいが妥協点なんだろうか、いつも疑問に思う。

f0077807_21121956.jpg


もうすぐ年越し
108つの煩悩
私の煩悩も、除夜の鐘で浄化してくれるだろうか。
[PR]
by roman-tan | 2007-12-31 21:20 | Nepal

年末

このところ、普段つかいなれない筋肉を酷使するせいか
あちこち筋肉痛が・・・・特に朝目覚めた時、ウウッと・・・

年末年始は、家族や親類と過ごす時間が多くなり
日常とは違った人間関係の中の不思議な時間
この結果をみてて、日本の特徴ってのが面白いなと思った。

f0077807_19143389.gif
日本の高齢者は、他国の高齢者と比べ、事実上同居している夫婦や子供との相互依存の程度は大きいが、別居の親族、友人、あるいは近所の人たちと相対的に薄い人間関係の中で暮らしている。
日本の高齢者は「心の支え」として夫婦をあげる者の比率が最も高い。薄まりつつあるとはいえなお保存されている夫婦や家族の事実上の関係が深い分、また社会保障制度が充実しているため、本来重要な自覚的に取り結ぶ人間関係の構築において努力不足がみられる。復古主義に陥るのではなく、自らセーフティネットを相互に築くための努力が重要ではないか(社会実情データ図録)
「昔はよかったー」といってみたところで、世の中変わってしまったし
年金もあてにならないかもしれないし
セーフティネットは、精神的にも物理的にも自分でもちゃんと作っていかなくてはいけない。

家族も昔の形とはかわってきた。
先日も、転んで怪我をした高齢者のちょっとしたお手伝いをしただけなのに
わざわざお礼にみえた方があり、とても恐縮してしまうことがあった。
怪我の際も、「同居のご家族に連絡しましょうか」と何度いっても
頑なに家族への連絡を拒まれた。
心配をかけないようにという配慮なのか、理由アリなのか・・・
84歳だもの、迷惑かけあったっていいじゃない、と私は思ったけれど。

精神的なセイフティーネットのひとつは、よりよい人間関係だろうか。
年末年始は
もう何年も会ってない友人にも、大手を振って手紙やメールが送れる時期
いつかまた会うことがあるかもしれない、という期待・願いだったり
もしかしたら、死ぬまで会わないかもしれないのにとも思ったり
まだ私のこと覚えてくれていたのね、とささやかにうれしく思ったり

f0077807_2019031.jpg

人は一度出会ったら、記憶の中にずっと生き続ける。
だから別れなんてない、そんなくだり(件)もどこかにあったけど・・・

今年の反省とか、新年の抱負とか、殊勝なことをあまり考えず
どーでもいいことを考えるのが私の年末年始
[PR]
by roman-tan | 2007-12-30 20:22 | 発見
武装勢力が暗殺実行」 パキスタン政府が発表
パキスタン内務省のチーマ報道官は28日夜、記者会見し、ブット元首相の暗殺について、アフガニスタン国境に近い北西部の部族地域、南ワジリスタン地区の武装勢力を率いるベイトラ・メスード司令官を首謀者として名指しした。しかし司令官側は29日、暗殺への関与を否定。暗殺時の状況に関する政府の説明に、目撃者らからも疑問の声が上がっている。
何が真実なのかよくわからないけど
ミャンマーのアウン・サン・スー・チー氏とよく似てるような・・・
イギリスの植民地だった国で、世襲的な政治家
聡明で美しい女性、海外で学んだ民主化
米英との関係が深い二人
暗殺行為は野蛮この上ないけど
暗殺されなければならないほどの人だったのかな、というのが最初の印象
この人の力そのものより、別な理由はやっぱりアメリカ?

1990年代、パキスタンの救世主と人気のあった元首相ブット
首相として、南アジアのネパールにも訪問したことがあったが
ネパールの友人は、ブット氏のことをそれほど評価していなかった。
華やかな表の話とは別の、裏のお金にまつわる話のせいだった。

パキスタンのことは、ちょっとさかのぼって整理しないとわかりにくい。
核保有国なのに、アメリカはパキスタンには寛容であり
アメリカとパキスタンの複雑な関係は知ってたけど・・・
2003.12
橋梁爆破ムシャラフ大統領暗殺未遂
パキスタン治安局はアルカイの関与と発表したが、仕組まれたような気配
軍政から民政へ、ムシャラフは2004年末をもって全軍参謀長も辞職
2004.3
核搭載可能のミサイル、シャヒーン2の発射実験に成功
パキスタン核開発の父アブドル・カディル・カーン博士の核開発技術は
リビアだけでなく北朝鮮の核開発へも関与
2005.3
元首相ブットがミサイル開発の秘密を告白
当時ブット人気の陰で、カーン博士による核開発が着々と進行
ブット訪朝時ミサイルのブルー・ノートが北朝へ渡る。
北朝鮮はパキスタン・アフガン・イラン・イラク・リビア等中近東アラブ諸国との関係を構築
カーン問題がリビアのカダフィの核放棄で、結果的に無罪放免に等しい処遇で闇へ
ムシャラフとアメリカの「親密な関係」が分かりにくいパキスタンを育てた。
2006.9
インドとパキスタンは、反テロ機構の創設、カシミール問題に対し協力等を確約
テロリストの交差点となる印パ領有地域カシミールは
アフガン、イランと中央アジアを結ぶパイプライン構想(世界注視のエネルギー問題)
2007.2
約1か月の間に10回近いテロ頻発、原理主義的な色彩が濃厚
ムシャラフ政権は、反テロを最大課題のひとつとして掲げ
原発建設、エネルギー問題と工業振興、米中バランス外交を推進
3年間、G D P成長率4 ~ 5パーセントを達成目標
インドと平和推進、治安の安定を協同することを緊急要件
アメリカのゲーツ国防長官パキスタンを訪問直後からパキスタン国内のテロは活発化

アメリカのイラン・キャンペーンは
核問題からイラク反政府テロへの支援問題へ移行
イラクの多国籍軍は順次撤退を表明、アフガン駐留N A T O軍も疲弊困憊
起死回生はイラン攻撃、というシナリオがブッシュ政権内に浮上している。

印パ、イラン・パキスタンの国境はアメリカにとって重大な関心ポイント
印パ、カシミール緊張関係はアメリカの中東戦略に大きく影響
パキスタンが親米路線を外れたらアメリカのアフガン、イラク、イラン戦略は挫折
ペルシャ湾への石油パイプラインの拡充、新設はアメリカの宿願
ネオ・コンサヴァティブ=ブッシュ政権の狙い
アメリカの狙いは簡単だけど
南アジアと中近東アラブという複雑さ
ヒラリーさんとかが大統領になったら、アメリカはかわるのだろうか。

参考:
パキスタン政情緊迫 ムシャラフ政権苦境 ブット氏暗殺(asahi.com 2007.12.27)
米国:ムシャラフ擁護のブッシュ政策、危うし(JanJan 2007.7.16)
インド最前線 The actual INDIA
[PR]
by roman-tan | 2007-12-29 20:15 | Nepal

ローズマリーの花

今日から年末モードの生活で
お掃除から逃げ出してみると

ローズマリーの花が咲いていた。

f0077807_19205882.jpg
f0077807_19211840.jpg
ローズマリーは地中海沿岸地方原産の常緑性低木
シソ科、学名 Rosmarinus
生葉もしくは乾燥葉は香辛料として、また精油は薬
「海のしずく」を意味する名、花言葉は「記憶・想い出」
効用は
ポリフェノールの含量が非常に高く、優れた活性酸素消去活性・抗酸化力を発揮する。
肉の鮮度を長持ちさせる。
気分を元気づけ、心を強化する。
頭脳を明晰にし、記憶力をよくする。
肝臓、胆のう、消化器官にも、よい効果を発揮する。
たるんで、しわのある、老化した肌を若返らせる。
肝臓、胆のう、消化器官にも、よい効果を発揮する。
疲労している時や、無気力に効果がある。
こんなに役立つとは・・・
丈夫な植物で、乾燥させてスパイスやポプリを作ってもぐんぐん成長している。
もう少し、有効に利用してあげないと・・・・

f0077807_1946711.jpg

                      アロエの花
f0077807_194523.jpg

                      こんなに寒いのに満点星躑躅(ドウダンツツジ)の蕾がいっぱい

殺風景な冬景色の中にもお楽しみが多くて、つい長居をしてしまう。
[PR]
by roman-tan | 2007-12-28 20:03 | 庭の植物

緑資源機構の官製談合

緑資源機構の官製談合認定 13法人に9600万円課す(12月27日、共同通信)
農水省所管の独立行政法人「緑資源機構」(川崎市)の林道整備をめぐる官製談合事件で、公正取引委員会は27日までに、官製談合防止法に基づき元理事ら2人の関与を認定し機構と林野庁に通知するとともに、独禁法違反(不当な取引制限)で受注側13法人に計約9600万円の課徴金納付を命じた。公取委によると、13法人を含む21法人は04年4月から06年10月にかけ、機構発注の測量業務などの入札で談合を繰り返した。
独立行政法人「緑資源機構」、主な事業は
①水源となる森林を育てています -水源林造成事業-
②針広混交林施業
③複層林施業
④緑資源幹線林道事業
⑤特定中山間保全整備事業
⑥農用地総合整備事業
⑦海外農業開発に関する業務

これらの事業を通し、林業や農業などの地域産業の活性化に寄与し
水資源の確保や自然環境の保全といった公益的機能を発揮する。
役員名簿を見ると理事長だけ民間出身(公団時代から林野庁長官経験者が理事長)
事業費の3分の2は国の補助金、残りは都道府県が負担
公共事業削減で、機構予算は2000年度の約380億円から2007年度は約123億円に縮小

指名停止措置について(12月27日プレス・リリース)
指名停止措置業者には大手コンサルに加え
(社)日本森林技術協会、(財)林業土木施設研究所、(財)水利科学研究所
(財)林野弘済会などの公益法人も含まれている。

(独)緑資源機構の犯罪についてのブログもある。

談合そのものが悪いというよりは
政治家がらみの不正なお金の流れ
本当に森林のための団体なのか、こっちの方が問題だ。

現場の状況と、絵を描く人々とのギャップの大きさ
「森林の管理を市民と共に」なんて歯の浮くようなスローガンの裏側にある
権利とお金を巡るドロドロとした世界
美しいパンフレットを見るたびに、虚構の世界?って感じがする。
[PR]
by roman-tan | 2007-12-27 19:54 | 森林
たまたまHPを見つけて知り合った竹炭に情熱をかけている方が
突然訪ねてみえて、お借りした報告書
平成19年6月にまとめられた、県自然ふれあい室の報告書「森づくり関係団体アンケート」
調査主体:環境森林部 自然ふれあい室
調査対象:県が把握している森作り関係団体175団体
回収率:  108団体(61.7%)
意外と面白い結果が出ている。
①森づくり活動に関しては、行政・公益法人・民間等からの助成制度がかなりある。
②助成制度を知っていても情報がよくわからなくて、受けていない。
③森づくり活動における課題は、「資金の確保」「参加者の確保」がメインである。
④森づくり情報を大半の団体が希望し、その64.8%は郵送を希望する。
⑤森の力再生事業に関する情報も8割が希望する。
⑥団体の会員数は「31から100人」が32.4%、101人以上が20.4%
情報は受けているが、利用できない状況にある。
多分、関係者は年齢層が高いことも、郵送による情報提供を希望していることからわかる。
活動の継続性に、資金確保が大きいことも伺える。
物珍しさから、最初はボランティアも集まりやすいが徐々に人は集まらない。

この報告書、県のHPには掲載されていないのはなぜだろう。
森林に関する事業は、視点の違いから県の担当が細かく異なっている。
森づくりは、県民部環境局自然ふれあい室
森林と県民の共生は、建設部森林計画室
未来への森づくりはじめます」は、建設部森林計画室
森林整備の推進、林道は、建設部森林整備室
県営林、災害に強い森林づくりは、建設部森林保全室
それ以外に農林事務所も関係する。
目的によって、担当が異なり分業化が進んでいる。
森林関係団体でも、直接関わっている人でなければわかりにくいだろう。

このように、森林に関する事業は県が中心となっているものが多いが
国の森林管理署もある。
この辺の役割分担(縦組織の上位?)が、まだよくわからない。
とにかく、国の組織はいつもどこにも登場しない。
官僚の天下り先のような団体の不祥事はよく耳にするけど・・・

森林管理署、どんなものかとイベント案内のメールを送ってみたが
さてさて、反応はどうだろうか・・・
[PR]
by roman-tan | 2007-12-26 20:15 | 森林

交通手段の国際比較

交通手段に関する主要国の比較がおもしろい(出典:社会実情データ図録)。
まず一般的な交通手段

f0077807_1894835.gif

これと高齢者の交通手段の傾向を合わせると、日本の特徴がわかる。

f0077807_181209.gif


国際比較では、それほど日本は目立たないような気がする。
これは、日本の高齢者の外出そのものが少ないのではないかと・・
回答率がフランス、ドイツと比べるとずっと低かったそうだ。
引きこもり高齢者が多いとなると、交通手段よりその方が問題か。

日本の傾向は、しいていえば、高齢者のバス・路面電車の利用度は低い。
時代的変化が大きいのは、どの国にもいえることなんだろう。

転ばない自転車、電動自転車、段差のない自転車専用道路が整備されたら
高齢者にも安全かもしれない。
最近自転車と歩行者の事故も多いので、交通ルール整備も必要だろうか。

私も自転車が好きだけど、坂道が多くて最近は乗ることもなくて・・・
マウンテンバイクならいいかも
でも、体力が・・・・
[PR]
by roman-tan | 2007-12-25 18:33 | 公共交通

お菓子づくり

朝からお菓子作り
今年はちょっと品数が少ないけど・・・・(去年のがあった!)

f0077807_16285984.jpg
 
                     クリスシュトーレン

f0077807_16305037.jpg

                     スノーボールクッキー

粉砂糖を買い忘れてしまって、慌てて買いに
おかげで最初に焼いたのは、黒っぽくなってしまった。
粉砂糖で白化粧

f0077807_1633249.jpg

スポンジだけ焼いて、デコレーションを頼んだら
おっと!のせすぎ、イチゴ
イチゴの森に住むサンタだー


娘と一緒のお菓子作りは、いつまでできるかな。
早く覚えて、作っておくれ!


P.S. ちょっと長いけど、読みごたえのある文章見っけ
   結婚後ちょっと変わったのかしらと思いきや、健在って感じ
   [出でよ、新しき知識人  「KY」が突きつける日本的課題](MIYADAI.com.Blog)
   
[PR]
by roman-tan | 2007-12-24 16:48 | 発見
「環境思想」で考える第4回『もののけ姫とナウシカの問い』(日経エコロジー)
「環境思想」は
現実に深刻化する環境問題が,視点によって全く異なったものになることがある。環境思想という「観念」の世界で捉えること。
エコロジーかヒューマニズムか。
極限に至ったときに,ヒューマニズムとエコロジーは対立する。
そのときにどうするのか?
人間の生存のために一か八か環境を変えようとするのか
それとも周囲の環境に任せておくのか?
こんな葛藤にも近い疑問を感じたことがあった。

人口増加が進み、生きるための食事を作るためのエネルギーとして薪が必要であり
そのために木を切らなくてはいけない。
森林はどんどん破壊されていくけれど、村人は決して暖のために木を切るわけでなく
食べるための最低限のエネルギーを、薪から得るしかなかった。
現金収入など殆んどないその人たちに
最も安価なエネルギー源である木を切るなとはとてもいえない。

ヒステリックに、木を切るなという環境保護の立場の人
「村人は無知だから木を切る」という人もいた。
そういう人の殆んどは、現状(現場)を知らずに論ずる人たち
実体験なく論ずる人のいうことを、私は基本的に信じない。

そこで出た結論は
物事ひとつでは解決しないということ。
森林を守るために、それに替わるエネルギーの開発も必要だし
エネルギー効率のいいかまども必要になる。
植林・森林管理という教育も必要だということ
もちろん家族計画の普及も必要になる。

環境思想のシリーズは興味深い記事
今朝の新聞にあったハンナ・アーレントの言葉と、何か通ずるような気がした。
人々の『愛』よりもむしろ『観念』―偉大さ、名誉、尊厳―に関わっている。(中略)
哀れみは、残酷さそのものよりも残酷になる(中略)。
鑑賞の際限のなさが限りのない暴力の本流の解放を助けた。(『革命について』から)
f0077807_19404099.jpg

[PR]
by roman-tan | 2007-12-23 19:50 | 森林

協働事例発表

「見ておくほうがいい」ということで参加した発表会
年末の連休、仕事じゃなければちょっとねというほど
敷居も高いし、つまらないさそうな雰囲気

建設部の協働事例発表ということで
行政の物理・経済的なバックアップは十分!という事業がほとんど

発表者がユニークで楽しい事例
内容そのものが興味深い事例
発表するほどのものかい?と思うような事例
「どこが協働だ!」と隣に座った関係者が憤慨するような事例など・・・
f0077807_2144971.jpg
市でも県でも思うのだけれど
いつも同じ顔ぶれ・パターンで色々なことをこなしている。
ひと通り経験すると、正直飽きてくる。
私は初めてだけど、事例発表会も4回目だそうだ。

協働とか市民活動とかいっても
色々なワールドが存在して、それぞれの集団で物事が完結している。
ワールドはいくつかあり、それぞれに『協働』とか、なんだこうだと理屈・定義づける。
こういう事例発表会集団も、ひとつのワールドのような気がする。
一方、全くこういうものには属さず、浮遊する分子みたいな活動も存在する。
そういうのは大抵、陽の目をみないことが多いけど・・・

事例発表を見た知事さんは
県建設部はちゃんと『協働』してるなって、お帰りになったのだろうか。
そう思われたのなら、NPO担当課をもっと充実させてね!
[PR]
by roman-tan | 2007-12-22 21:44 | NPO法人