アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2008年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

内部文書

内部文書の定義って、なんだろう。

国会で、野党が内部文書をすっぱ抜いて与党を追求することがある。
不思議なのは、内部文書であるはずのものがどうして外部に漏れたのか。
内部文書ってロゴマークがつけられたものが、内部文書としてみなされるのだろうか。
その辺の定義というのがよくわからない。


f0077807_11413231.jpg



先日、内部文書に書かれた内容を話題にしてはいけないという話があった。
そもそも内部文書という単語、その状況に不適切な響きがした。
一般市民も参加する会議がずっと開かれていて
議事録はHP上で公開されてもいる(ここ一年くらいは更新されていないが・・・)。
その会議で話し合われたことををまとめたような
提案・提言を含めた報告書が担当部局長に提出された。
その報告書をもって、内部文書と呼んでるらしい。
報告書内容の要約も担当部署の校閲が必要だという。
たしか、報告書に内部文書のロゴはなかったと思うけど。

もの凄い横柄な物言いにも驚いた。
「それは行政が決めることであって、他で話し合われることではない・・・云々」
だったら、そんなポーズみたいな会議は止めればいいのに。

本音が出ちゃったねっという感じがする。
建前は美辞麗句を並べているけれど
「ガタガタいうな、市民ども。
行政お金がないんだよ(空港造っちゃったし・・・)。」っていってるみたいで。

内部文書だとしたら
部外者の私が読んでしまったことも、いけないことだろうか。
たいした内容のものでもないし
議事録と共に、もっと情報公開すべきでしょうに。
[PR]
by roman-tan | 2008-06-29 11:46 | NPO法人

気になる人

路上の人
よく見かけるのだけれど
見かけるたびに、何者なんだろうと思う。

身なりからホームレスなのかと思っていたけど、家があるらしいと聞いた。
だから、ホームレスではないのだろう。
寒い冬の朝は、椅子のあるコンビニに座っているし
胸ポケットには拾ったらしいタバコの空き箱がいくつも入っていて
道端でタバコを吸っていることもある。
働いているようには見えないけれど
時にはタリーズでコーヒーを飲んでいることもある。
何か場に不釣合いな雰囲気が、窓ガラス越しに伝わってきた。

話したこともないし、名前もしらないし、お友だちになる予定もないけれど
高齢者の域にある人、悲壮感はないけど、こういう人生もあるのねと思う。


ペルー人
たまたま話す機会があって、日本人の父親(2世)の後を追って来日した。
2年しか経たないというのに、日本語がとても上手
夜勤8時間+残業3時間という過酷な労働
隔週で夜勤勤務があるそうだ。
日本の若者なら、なるべく避けたい職種だろう。
日本人が避ける職種に、外国人労働者の需要は多い。
ペルーへの帰国予定はなくて、将来は東京の大学へ行きたいという。
郷に入っては郷に従え、だけど
開放的な南米の若者にとって、日本の風習は息苦しいだろう。

ブラジル移民100周年の今年、先日写真展をみた。
国策による移民奨励、その2世、3世が日本にUターン
ドラマチックな毎日が刻まれているのだと思うけど
すさんだ気持ちにはならないでねと、若いだけに気になる。


マヤ
写真を撮ろうとすると、じっとしてないから・・・撮れない。

f0077807_20554776.jpg


こうしてみると、意外と茶色の毛が多い。
今日のマヤは元気かな、が合言葉になっている。
甲斐犬は、味のある面白い犬だと思う。
[PR]
by roman-tan | 2008-06-27 21:07 | 発見

森は海の恋人

森林と水の関係
森林と海との密接な関係はわかったような気がしても
説得力のある科学的根拠がないなあと、私も思っていた。
そんな疑問を解決してくれる説明をみつけた。

命の水を再生する「森は海の恋人」前編
命の水を再生する「森は海の恋人」後編

海藻や植物性プランクトンの生育には水中の鉄分が重要で、磯焼けのおきている地域では、海水中の鉄分濃度が極端に低下しているため生き物が育たない。鉄分は、川の水で陸から運ばれている(磯焼けとは、海藻が枯れて岩肌が真っ白に露出してしまう現象)。

植物性プランクトンが育つためにはリンや窒素、ケイ素などの肥料分が必要だが、実は先に体内に微量の鉄を取り込まないと養分を吸収することができない。木の葉が腐って腐葉土になると、鉄イオンと結びついて、「フルボ酸鉄」という植物プランクトンに吸収されやすい鉄が出来る。これが川の水によって海に運ばれる。つまり、川の上流の森、特に広葉樹林が海の恵みにはとても重要なのだ。

森林が死ぬと川が死ぬ。
川が死ぬと海が死ぬ。
海が死ねば魚がすめない。


この言葉の根拠が鮮明になってくる。
森林の役目は色々あるはずだけれど
二酸化炭素吸収ばかりが強調されることが最近は多い。
その数値の算出根拠というのが、イマイチ明確でないような気がして
なんとなく漠然とした印象が強い。
何でもそうだけど、抽象的な話だけで終わられるのが苦手だ。
具体性や客観的根拠を示してもらわないと、「だからどうした」になってしまう。
そういった意味では、水との関係がいちばん理解しやすい。


それにしても
「森は海の恋人」というネーミングは
「フルボ酸鉄」といわれるよりは、人々の関心は得やすいと思う。
ネーミングは大切かもしれない。


f0077807_20255422.jpg

                  インゲン
[PR]
by roman-tan | 2008-06-26 20:33 | 森林

夏野菜の花

トウモロコシの蕾から花へ

f0077807_1932315.jpg
f0077807_194057.jpg

f0077807_1942993.jpg

あまり美しくはない花だけど、花粉をばらまいている。

f0077807_1944650.jpg




バイオエタノールのせいで、トウモロコシなどの穀物価格も高騰しているとか
そのせいだろうか、今年はトウモロコシの苗が多いのは・・・

f0077807_197177.jpg
f0077807_1973319.jpg


       左がゴーヤで、毛深いのがキュウリ
       小さい時から一人前の形をしているのが可愛い。
       親戚同士なのがよくわかる。
[PR]
by roman-tan | 2008-06-25 19:13 | 庭の植物

奈良の鹿

どうしても、シカに関するニュースに目がいってしまう。
今朝出掛けに、県内のシカ被害・対策に関するニュースをおしえていただいたので
読みっぱなしになってしまった。

シカ捕獲管理は大切だけれど、それだけだとやっぱり片手落ちではないかという気がする。
シカの餌場を確保しながら、それには森林再生も含まれるのだけれど
現段階で、それを主張してもなかなか認められないそうだ。
だから、まず広報活動でシカ被害の深刻さをもっと広く知ってもらって
それから問題や解決策の本質を深く掘り下げていくしかない、と思うのだけれど
これもまだかなりのマイノリティー意見らしい。
とにかく農作物を守れ!とう強攻策に落ち着いている。

*記事について、専門家の補足解説を伺った。
「捕獲作業で、手付けずのところがあるから元に戻る」
「雌は匂いが薄く、犬は匂いの濃い雄を追うため雌の捕獲率が低い」
一般市民はなるほどと思うかもしれないが、手付けずのところもいつまでも餌があるわけではない。雄の方が匂いの強い時期があるが、雌の捕獲率が上がらないのはそれが原因ではない。多くの要因が考えられるが、強い捕獲圧がかかったため雌ジカが敏感になり狩猟者が入りにくい場所に昼間の生息場所を移動したのが一番の原因とみられる。雄は自分の身を守ることより、体力をつけることを最優先するため食べ物の豊富にある里山に下りてくることが多い。したがって、雄の捕獲率が高くなる。
 

シカに対する別の切り口
「奈良の鹿」にも地球温暖化の足音?(JanJanNews 2008.6.24)
シカの赤ちゃんが早く生まれるようになったのは
地球温暖化のせい?という記事
シカの食害とはちょっと別枠にいるシカの話


f0077807_18221452.jpg

           シカはきっとキュウリも食べてしまうのだろう
[PR]
by roman-tan | 2008-06-24 18:27 | シカ被害

シカ被害

最近の新聞上のシカ状況

他県の案件ばかりだけれど、県議も視察を活発に開始し
県内の地方紙も注目して取材が続いているそうなので
もうすぐ県内状況が明らかになることを期待しつつ・・・


諏訪地方の農林業 鳥獣被害1億4400万円(長野日報 2008.6.13)
諏訪6市町村、2007年度に確認された鳥獣による農林業被害額は約1億4400万円、過去最多の前年度を1400万円余り上回った。ニホンジカの被害は約1700万円の増加で全体の6割。シカが約8600万円。シカ害は農業が約4900万円、林業が約3600万円。昨年度のシカの捕獲数は1554頭(狩猟626、有害鳥獣捕獲928)。「集落の住民にわな猟免許などを取得してもらい、捕獲隊を結成して被害を減らす取り組みも広めたい」(農政課)

宮島のシカ対策に避妊作戦(中国新聞 2008.6.14)
世界遺産の島、宮島でシカによる植物や観光客への被害が増えている。雌への避妊を試験的に実施、観光スポットや商店街周辺にいるシカを半数に減らすほか、エサ場となる芝草地を造成して貴重な植物の食害を防ぐ。市によると、島には現在、450―500頭が生息しており、そのうち市街地に約200頭がいる。2013年度までの5年間で島全体で300頭、市街地では100頭に減らす。具体的には、雌30頭程度に約5年間効果が続く排卵抑制処置を施して繁殖を抑制。効果を見ながら続け、頭数管理につなげる。併せて、植物を食べたり、ごみをあさったりするなどの食害を防ぐため、市街地の平地に芝草地を造成する。

シカ肉 味に自信 猟友会が加工施設/滋賀・高島市(日本農業新聞 2008.6.20)
これは何度も登場した事例
滋賀県高島市の朽木猟友会が、シカ肉の加工施設を建設した。捕獲したシカを食肉にして「朽木ゴールドもみじ」という商品名で販売、全国ブランドを目指す。自治体や民間企業でなく、猟友会が加工施設を開設するのは珍しい。施設の建設費用は600万円、市が3分の2を助成した。猟友会が捕獲したシカの食肉を、温度を1度に設定した大型冷蔵庫で3日間熟成させる。

宮島のシカ削減へ 観光客を角で突く/フン害絶えず 
廿日市市、避妊など検討(読売新聞 2008.6.21)
廿日市市は、来年度から世界遺産「厳島神社」のある宮島(同市宮島町)で、「神鹿(しんろく)」として知られ、観光資源にもなっているニホンジカの削減に乗り出す。観光客らを角で突く被害やフン害などが絶えないため「市宮島地域シカ対策協議会」は、メスジカの避妊も視野に入れる案などを検討。神社周辺の約200頭を5年間で半減させたい考えだ。宮島のシカは、1950~60年代ごろから増加。弁当を食べられたり、角で突かれた観光客らからの苦情が、毎年十数件寄せられ、エサを与えないよう注意を呼びかけたが、効果はなかった。宮島地区は61年から鳥獣保護区に指定され、狩猟などによる駆除が禁止。宮島全体で450~500頭生息しているらしい。

宮島シカ、繁殖率低く小型化(中國新聞 2008.6.21)
島内のシカは全体的に小型で、繁殖率が低いことが明らかになった。調査は昨年11月―今年3月、島全域を対象に初めて実施。450―500頭が生息し、このうち市街地に約180頭がいることを確認。1歳のシカの平均体重は雌が17.2キロ、雄が21.5キロ。島外のシカに比べ、半分程度の大きさ。子連れの割合は14―26%で島外の半分以下だった。県は「島という孤立した環境にあり、長年にわたり過密状態、栄養不良が続き、小型化したのでは」との見方。

捕獲数2.4倍でも被害減らず シカの食害(紀伊日報 2008.6.23)
狩猟と有害駆除を合わせた捕獲数は1996~2004年度は1100~1900匹で推移し、05年度は2000匹を大きく超え、06年度は3723匹。雌ジカは2006年度まで、有害鳥獣の駆除以外では捕獲できなかった。このため、県内の07年度捕獲数のうち雌は491匹と1割ほど。 県は1998年度から年間200匹を上限に有害鳥獣として雌ジカを捕獲。2007年度に法律規則改正で全国で雌も狩猟対象となり、有害捕獲の上限を撤廃。ニホンジカは8割を超えると言われる高い妊娠率で、2歳の春から10歳ごろまでほぼ毎年1匹ずつ出産する。一夫多妻で、雄は複数の雌を同時期に妊娠させることができる。雌が多いほど、個体数が増加する。奈良県は00年度に管理計画を策定し、雌も狩猟対象にした。それ以降の雄と雌の捕獲数の割合は4対3だが、個体数減少の兆候は見られないという。



f0077807_15402757.jpg

                  キキョウ
 
グッドタイミングというか
追記(6.24):県内状況の記事が23日の夕刊に
野生動物から農作物守れ 県、食害対策を強化(静岡新聞 2008.2.23)
県は本年度、被害対策を強化。「県鳥獣被害対策総合アドバイザー」養成、伊豆半島でのニホンジカの管理捕獲強化やセンサーを使った生息実態調査などを実施。ニホンジカの捕獲は(1)狩猟(2)農作物の収穫期に行う有害捕獲(3)生息数の適正化を図る管理捕獲―の3種類がある。県は管理捕獲について、平成19年度の600頭から1000頭まで増やし、このうちメスジカの捕獲を500頭以上に設定。メスジカの行動を追跡するセンサーを取り付け、行動範囲や分布状況も調べる。19年度の野生生物による農作物の被害は約4億5000万円、前年度に比べて55%増加。伊豆地域ではニホンジカがワサビやシイタケのほか、クマザサなどの下草も食べ尽くすため、山間部では表土が露出して土砂災害が発生する恐れもあるという。県は16年度から、猟友会と伊豆地域での捕獲を進めているが、ニホンジカの推定生息数は現在約2万頭。「メスはオスよりもにおいが弱く、猟犬が追いにくいので捕獲数が伸びない。手つかずの地域も多いためにすぐに数が戻る」(田方猟友会)という。県自然保護室は「人材育成と管理を組み合わせ、対策を進めたい」と話している。

[PR]
by roman-tan | 2008-06-23 15:50 | シカ被害

MAXSIM(マキシム)

4月に来日したクロアチア出身のMAXSIM(マキシム)
聞きにはいけなかったけど・・・いつか・・

クロアチア戦争時下、地下室でピアノを練習したという話だけですごい。
サッカーでよく出てくるクロアチアは旧ユーゴスラビア
チトー大統領が多民族国家ユーゴスラビアをうまく治めていたが
1980年のチトー死後、各民族の不満が噴出し、内戦。


ハンガリーを含めたこの地域は、歴史的の中で国境が変化しているらしい。
何ヶ月間か一緒に仕事をした人
ずっとドイツに住んで、ドイツの会社で働いていて
本人はユーゴスラビア人だといっているのに
パスポートはハンガリー人という人がいた。
説明してもらったけど、とてもややこしくて・・・
民族と国、この構図はなかなか難しい。
本人はドイツ人になるつもりらしかった。


こんな雨の夜には
Rhapsody on a Theme of Paganini
Somewhere in Time
Original of Flight of the Bumble Bee
Croatian Rhapsody


f0077807_19383185.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-06-22 19:39 | 映画とか・・
イエローカード(Yellow card)には、これだけの意味があるというのも知らなかった。
サッカーのイエローカードは知っているけど。

①予防接種の国際記録手帳 (International Certificate of Vaccination)
②アメリカのバンド
③サッカーの試合で主審が警告・退場を宣告するのに使用
④米国のUnderwriters Laboratories社判定した耐燃性指標証明
⑤危険物や有害物質を運搬業者が携帯し、事故時に荷物の情報を伝えるカード

娘のMR予防注射(麻しん・風しん混合ワクチン)をやっと終えてきた。
日本では、母子手帳が予防注射の証明書になっているみたいで
もしかして、母子手帳は永久保存すべきものということ。

海外では、予防接種の国際記録手帳 (International Certificate of Vaccination)
通称イエローカードと呼ばれ、黄色い紙が全ページに使用されている。
WHO発行の冊子タイプ(欧州より輸入)と
WHO監修でアメリカ合衆国政府印刷の折り込みタイプがあり
国際的な役割や認知度は同等扱いになるという。

娘のイエローカードはネパールで作ったので
f0077807_1335585.jpg









ネパールで受けた予防接種しか記載されておらず
日本での予防接種証明は母子手帳にしか記載がない。

入国の際にイエローカード提示を求められる国はあまりないと思うけれど
予防接種証明書として
特に若い人はイエローカードを作っておく方がいい。
海外で予防接種の記録を求められることもある。
予防接種というのは自分が小さい時にするものが多く
本人の記憶は曖昧なことが多い。
自分の身を守るためにも必要かも。


「たくさん予防注射したんだね」
「え、Rabies? ああ 狂犬病もしたの?日本にはないよねえ」と
電子辞書で単語を確認していた先生も、おもしろかった。

私も、予防注射の名前を間違えてはいけないと
カナダ人のクリニックに行く時は、慎重に慎重を重ねて単語を確認した。
・DPT(Diphtheria,Pertussis and Tetanus) 三種混合
・Japanese encephalitis 日本脳炎
・B-type Hepatitis B型肝炎
・Meningococcal Meningitis 髄膜炎
・Typhoid 腸チフス
・OPV PO ポリオ
・Rabies 狂犬病・・・等など

普段使うことのない単語の勉強にはなった。

f0077807_13465654.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-06-21 13:56 | 発見

雨露

         梅雨空が戻ってきた。
         

f0077807_1115270.jpg
f0077807_11154160.jpg


         泣きそうな植物たちに

f0077807_11161157.jpg
f0077807_11162245.jpg



         宝石のような
         f0077807_1118677.jpg
f0077807_11182718.jpg


   
         蜘蛛の巣の雨露・・・       
 
f0077807_11184539.jpg
f0077807_11185838.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-06-20 11:22 | 庭の植物

子育てママ

色々な年代の方にお会いする機会があって
また、時にはお子様一緒ということもあるけれど
ヨチヨチ歩きの赤ちゃん一緒は初めてだろうか。
二人の若いお母さんと、二人の赤ちゃん。

部屋中、子どももお母さんも移動しながら
おもちゃやおやつが行き交い会話は続く。
赤ちゃんは、ただただいるだけで可愛いのだけれど
子どもをあやしている母親って、こんなに美しいものだっただろうか。
屈託のない赤ちゃんの笑顔と、向き合うお母さんの姿
とても素敵で、なんかえらく感動してしまった。

娘が小さかった頃のことを思い出そうとしても
自分の姿はなかなか思い出せない。
毎日が夢中で終わってしまったような気がする。

育児は育自でもあるというけれど
「母はすごい」と、若いお母さんをみて思った。
「子育て支援」という分野、あまり詳しくないのだけれど
母の力は、湧き出るエネルギーそのものだという感じがした。


f0077807_1914117.jpg



どの方もそうだけど
それぞれの立場での将来の色々な夢を語ってくれる。
夢で終わらせないための設計図を考えることは
とても幸せな気分になる。
[PR]
by roman-tan | 2008-06-18 19:21 | NPO法人